日本産ホヤ輸入急増で韓国養殖業界に打撃(朝鮮日報)
 日本産のホヤの輸入が毎年大幅に増え、韓国では慶尚南道統営市をはじめ、南海岸のホヤ養殖業界が打撃を受けている。

 養殖業者によると、本格的なホヤ出荷シーズンを迎えたにもかかわらず、10日から出荷を中断しているという。

 日本産輸入ホヤは、韓国産よりも形や香りが良い上、価格も1キログラム当たり1000ウォン(約96円)程度安い。

 慶尚南道巨済市の養殖業者(57)は「日本産ホヤの輸入急増で、国産ホヤの出荷単価が暴落し、今年は出荷開始から20日余りで出荷を中断した」と語った。

 日本産養殖ホヤは2011年の福島原発事故以前、年間平均7000トンが輸入されていたが、原発事故とその後の放射能漏れで輸入が完全にストップした。

 しかし、13年から日本産ホヤの輸入が再開され、同年に約680トンだった輸入量は、14年には約1500トン、昨年は約2600トンへと大幅に増えた。

 このため、価格競争力で劣る国産ホヤの消費が減り、ホヤ加工業者も格安の日本産ホヤを原料に使用しているのが実情だ。

 これについて、ホヤ養殖業界は、日本産の輸入ホヤについて、国民の保健に対する影響を考慮し、輸入通関時の放射能検査強化を求めるとともに、ホヤ販売業者にも原産地表示を徹底するよう求めている。
(引用ここまで)

 一事が万事、これ。
 自国の競争力を持たない海産物を、放射性物質漏れを口実に保護しているわけです。
 日本産に駆逐されそうなので「放射能検査を強化しろ!」って叫んでいるのですよ。

 記事にあるようにここ数年、日本産の海産物というのは忌避されてきた面があり、そこにあぐらをかいてきたツケが廻っているだけ。
 自分たちの養殖している製品を向上させるというわけでもなく、安くできるというわけでもなく。
 自分の都合だけ、なのですよね。

 我々に好き勝手に違法操業させろなんていうのも、韓国の漁場が枯渇しているからなのです。
 「日本人はヌタウナギを食べないのだから、韓国が日本のEEZで勝手に獲っても問題ないはずだ」なんて言ってきたこともあったなぁ……。たとえユムシだろうとヌタウナギだろうと日本の貴重な財産だっつーの。