[独占]今度は「水を吸う消防服」論議...消防士安全の脅威(JTBC/朝鮮語)
[アンカー]
消防士が着る防火服を適切に検査していなくて問題になった防火服不良検査議論。たぶん覚えてことでしょう。国民安全処は問題となった防火服約2万着に再検査をして、一線に普及しましたが。今回の検査もやはり不良のままでした。最前線に立っている消防士は「水を吸い込む消防服」としながら不快感を訴えています。これは不便であるというだけではなく、実際には消防士らの生命と直結する問題でもあります。
ガンシンフ記者が単独報道していただきます。

[記者]
国民安全処が「何の問題もないので既存の防火服を着用するように」との決定を下したのが昨年4月でした。
shoubou0
「未検査の疑いのある特殊防護服をそのまま着用すると決定」

ところが消防士たちは、この防火服に重大な欠陥があると口を揃えます。

イ・ジョンイル/ソウル麻浦消防署鎮圧隊長:「撥水性が落ちた消防服は現場での作業中に吸水してしまうのです。氷点下の寒さでその水が凍ってしまい、重さも増えてしまうというジレンマが……」

大田地域の消防士:「長時間活動していると安全装備のささいな重さも非常な重さに感じるのです。水が染みこんでくると疲れで話すこともできず、すぐに肌に触れてしまいます」

消火時には放水を続けなければならず、消防服にとっては防水機能も防炎機能に劣らず重要な要素です。
実際に、現在の消防防火服の性能がどのていどのものなのか、直接着用して水をかけてみました。
ただでさえ装備が重い上に消防服が水まで含んでしまい、より力が必要になります。重量がどのくらい増えたのか検証してみましょう。

shoubou1

10分間、水を流しながら鎮圧状況を再現したところ、消防服の重量が1.8kgが増えました。

冬季にはさらに問題が深刻になります。取材陣が冷凍倉庫で実験を試みました。
氷点下15度の冷凍庫に15分ほど水を吸った消防服を使ってみました。凍りついてしまい、まともに動くことができません。

shoubou2

繊維研究機関関係者:「1.8kgほど重量が増加した場合、大量の水を吸収しているとみてよいでしょう。氷が凍るほどであれば耐水、撥水機能は機能していないと見てよさそうです」

過去5年間の火災を鎮圧である負傷した消防士は362人です。
不十分な消防防火服が消防士の安全を脅かしています。
(引用ここまで)

 去年の2月にいつものようにいつものごとく、防火性能の検査を省略した消防服が納入されたという事件がありまして。

いつもの韓国シリーズ:今度は不正認証された消防服5300着を消防署に供給で大混乱

 検査されていなかったものは5300着だったのですが、それが既存のものに混ざってしまって2万着が使えるんだか使えないんだか分からない状況になっていたのですね。
 実に韓国らしい事件だったのですが。

 その後、「どうやら検査されなかっただけで問題ないのでそのまま着用」という結論になったそうですよ。
 すごいですね。
 日本だったら経緯はどうであれ全量廃棄は間違いないと思いますが。
 このあたりで韓国のダイナミックさが象徴されているんじゃないかと思います。別の言葉で言うのであればケンチャナヨですけどね。 

 んで、その消防服を改めて装備したところ水は吸い込むは、凍りつくはで使い物にならないと。
 検査もしてない、性能は悪いと。
 おそらく要求性能はちゃんとしたものであったと思うのですよ。撥水性があり、零下○度でも凍らない……というような形で。
 でもって試作品はその要求性能を満たしているものだったのでしょうね。

 でも、量産品は見ての通り。
 試作品と量産品のクオリティの差は、そのまま製造費の差になるわけで。
 どこかで誰かがその差額を入手しているのでしょう。ま、いつもの韓国の風景です。

韓国人による恥韓論 韓国人による恥韓論シリーズ (扶桑社BOOKS新書)