韓国科学界バカにしたパスツール研究所所長解任(朝鮮日報)
 国際学術誌に韓国科学界をおとしめる発言をして物議を醸した韓国の研究機関の外国人所長が解任された。

 韓国パスツール研究所は7日の理事会でハキム・ジャバラ(Hakim Djaballah)所長の解任を全会一致で可決した。同研究所が17日に発表した。同研究所は世界的なバイオテクノロジー研究機関「パスツール研究所」(フランス)の韓国分院で、2004年に設立された。韓国政府と京畿道は優秀な研究人材を招くため、これまで2000億ウォン(約193億円)を上回る運営費を支援してきた。ジャバラ氏は米モリアル・スローン・ケタリング癌(がん)センター(MSKCC)の元教授で、3年の任期を1年4カ月残した状態で解任された。

 同氏は昨年8月、ネイチャーの求職ガイドに「韓国では公然と『幼稚園の同期だから研究費をやる』と話す」「ソウル大が学でなければ国際学術誌に論文を載せるのも難しい」など一方的な主張を掲載して物議を醸した。

 この時、科学分野関係者の間では「韓国政府からあらゆる恩恵を受けながら、支援が先日減るや悪意のある非難をした」と反発した。

 ある私立大学教授は「政府から支援を受けている研究所の所長が韓国をおとしめる発言をインタビューでしたということが、今回の解任の決定的な理由になった」と語った。
(引用ここまで)

 「パスツール研究所所長」っていうからフランスのそれかと思ったのですが、「韓国パスツール研究所」なんてものがあったのですね。
 パスツール研究所には全世界規模で数十もの研究所があるようです。旧植民地のベトナムには19世紀から存在しているそうです。
 んで、その「韓国パスツール研究所」の所長が暴言で任期を残して解任されたのだそうですよ。

 その暴言とやらを見てみましょうか。

・「韓国では『幼稚園の同期だから研究費をやる』と話す」
・「ソウル大学でなければ国際学術誌に論文を載せるのも難しい」

 ……事実じゃないですかね?
 ソウル大学は学閥というにはもう巨大すぎるし、研究内容よりも「ウリとナム」のコネが大事になるのも事実。
 まったくもって事実。
 ただまあ、その事実の指摘が韓国にとっては痛いのでしょうけどね。
 特に外国人から言われるのは。
 加藤達也前産経新聞ソウル支局長を名誉毀損で訴えたのにも似た構図ですかね。

なぜ私は韓国に勝てたか 朴槿惠政権との500日戦争