韓国交通研究院「高学歴・高所得者ほど報復運転する」(朝鮮日報)
 学歴や所得が高いほど報復運転を行いやすい傾向にあることが分かった。

 韓国交通研究院が昨年12月、1030人のドライバーを対象にアンケート調査を行ったところ、大学院卒以上の学歴を持つドライバーの25.8%が「報復運転をやった経験がある」と回答した。ちなみに報復運転の経験があるとの回答は、大卒の場合13.2%、高卒以下は12.9%だった。

 所得別に見ると、年収8000万ウォン(約770万円)以上は17.8%、6000万ウォン(約570万)から8000万ウォン未満は16.3%、4000万ウォン(約390万円)から6000万ウォン未満は15.9%が報復運転の経験があると答えた。所有する車の価格は1200万ウォン(約116万円)未満が5.5%、1200万ウォンから2000万ウォン(約190万円)未満は13.8%、2000万ウォンから3000万ウォン(約290万円)未満は16.8%、3000万ウォンから4000万ウォン(約390万円)未満は17.6%、4000万ウォン以上は21.9%が報復運転の経験があると回答した。

 さらに自分自身を「社会的に成功した人間」と考えるドライバーほど、報復運転の経験が多かった。「自分はどちらかといえば成功した」と回答したドライバーは18.4%が報復運転の経験があると答えたが、「普通」と評価したドライバーは13.5%、「どちらかといえば失敗した」と回答したドライバーは14.2%にとどまっていた。

 研究を行った韓国交通研究院のソル・ジェフン研究員は「社会的地位が高く保有財産が多いドライバー、つまり社会的強者ほど報復運転に対するためらいが小さい傾向があるようだ。つまり報復運転は強者が弱者に加える暴力という側面があることが、今回の研究で分かった」とコメントした。
(引用ここまで)

 ここでいう「報復運転」っていうのは、たとえば割りこまれたら幅寄せ、延々と追跡といった嫌がらせをすること。最悪の場合にはぶち当てる。そういった運転のことをいいます。
 いや、しかし面白い統計だなぁ。

 ・学歴が高ければ高いほど。
 ・社会的に成功していると思われるパラメータが多いほど。
 ・自分が成功していると考える人間であればあるほど。

 攻撃的な運転になる。
 これ、韓国独特のものかもしれませんね。
 普通であれば「報復的運転はむしろ自分の身を危険にさらす」と考えて自重するものでしょう。
 日本ではアレな人たちが暴走していても、あるいは多少割り込まれたとしても一般的なドライバーは舌打ちほどはするかもしれませんが、スルーしているものです。

 でも、韓国ではそうではない。
 あの国では社会的勝者は両班的資質を入手するようで、身分の低い人間に対してはなにをしてもいいと考える。
 これまでそうされてきたから。
 あるいは親の代からそうしてきたから。
 社会的勝者には遵法意識は芽生えないし、いつまでたっても社会的な安全が担保されないわけです。
 そして弱者もそうなろうとする。でも、半ば以上身分は固定されている
 その結果が、靖国神社爆破未遂事件であり、仁川空港爆発物置き去り事件であるわけですよ。

統計思考入門 ― プロの分析スキルで「ひらめき」をつかむ