日本人女性のウェブ漫画、「デート代割り勘」描写で炎上(朝鮮日報)
 韓国人と結婚して韓国で暮らして16年になるサヤカさんは、今年1月から大手検索サイト「ネイバー」でWeb漫画「すし女とキムチ男」を連載している。

 韓国人の夫と過ごすささやかな日常を短いエピソード形式で描いたこのWeb漫画は、これまで合計16話が掲載され好評だ。

 その一方でサヤカさんが悪意のあるコメントや書き込みに悩まされるようになったのは、第2話「割り勘」編が掲載されてからのことだ。

 サヤカさんはこのエピソードで、夫と旅行をした時、「これまであなたの方がデート代をたくさん払ってきたから、旅行代は私が払いたい」と言う。しかし、夫が今回もお金を払うと、最後のコマでサヤカさんが「割り勘したい」と言って終わる。

 この「割り勘」編が炎上したのは、一部の男性ネットユーザーがサヤカさんのWeb漫画を引き合いに出して、「日本の女は自立していて割り勘をしたいと言うが、逆に韓国の女は男に寄生するかのようにデート代一切支払わない」と女性を嫌悪する書き込みをしたのがきっかけだった。

 すると、一部の女性ネットユーザーは「韓国の男女をケンカさせるために、日本人漫画家が悪意を持ってWeb漫画を描いた」と主張した。そして、サヤカさんのことを「日本の女がかわいい子ぶるのは精神病のようだ」「男の基準に合わせて生きようとする日本の女はヘドが出る」「退勤した夫に仕える日本の女は奴隷や売春婦のようだ」などと非難する書き込みが相次いだことも明らかになった。
(引用ここまで)

 こういう部分からも「多様性の許容」がないのが分かってしまって辟易しますね。

 韓国では「男性は女性に尽くす」ということが当然のようにされています。
 どのくらい「女性に尽くす」かというと、靴を脱いで入る飯屋を出るときに女性に靴を履かせるレベル。
 冗談だと思うでしょ?
 そうしないと「女性に対するスペックが足りない」ということで切られるのです(笑)。

 もちろん、食事は男の一方的なおごり。
 別に恋人でなくてただの食事でも。
 その価値観を日本に押しつけることも多々ありましたね。「韓流で割り勘がなくなった!」とか言っていた人たちもいましたが、彼らはどこに行ったのかなぁ……。
 2013年にはキムチ男からの「食事代返せ!」っていう訴訟が相次いでいるってエントリもありましたけどね。
 つきあいの距離感に多様性がないのですよ。
 「男と女のつきあいかたはこうだ! 食事代は男のおごりだ!」っていうだけ。
 じゃあ、女子は1000円少なくしようかとかそういう考えがないのですね。

 で、女性も「奢ってもらうことが当然」と考えているので、ここで言う「寿司女」の風習を持ちこまれると困るので必死なのですよ。
 「この売春婦!」みたいな反応になる。
 外国人なのだからそういう風習があるのだな、とはならない。
 韓国国内だけだったらそうやってりゃいいんですけどね。

インド夫婦茶碗: (1) (ぶんか社コミックス)