(朝鮮日報)
 米メジャーリーグ(MLB)が韓国プロ野球リーグ(KBO)に対し、ポスティング(入札制度)を行う際の上限額設定を提案していることが最近になってわかった。MLB側が上限として提示している額は800万ドル(約8億9000万円)だという。

 ただし問題はMLBがKBOに提示した上限額の800万ドルが、日本選手に対するポスティングの上限である2000万ドル(約22億3000万円)のわずか40%と非常に低く抑えられている点にある。為替や物価水準、また両国選手のレベルや年俸などを考えた時に、あまりにも低いと言わざるを得ないからだ。

 ネクセンの廉京(ヨム・ギョンヨプ)監督は「韓国からメジャーに行く選手は、日本から行く選手に比べて全く見劣りしないのに、ポスティングの入札額に差を付けるのは理解できない」とした上で「たとえば柳賢振(リュ・ヒョンジン)レベルの選手を移籍させるのに800万ドルしか受け取れないとなれば、どこのチームが移籍に応じるだろうか」と指摘する。KBOのヤン・ヘヨン事務局長も「交渉の余地は残っている。上限の引き上げを求めるか、あるいは野球関係者の意見を集めてMLB側にこちらの考えを伝えたい」と述べた。
(引用ここまで)

 メジャーからの入札上限額が800万ドル。日本の感覚では8〜10億円前後ってところですか。
 まあ、妥当な額じゃないですかね。
 日本からの場合であれば上限は2000万ドルだってことでぶーぶー言ってますが、現状で韓国リーグであるKBOから渡ってきてシーズン通して活動できたのが一昨年のリュ・ヒョンジンの1シーズンだけ。
 あとはケガなり実力不足なりで負傷者リストに入るか、解雇されるかしている。

 記事中に「リュ・ヒョンジンが移籍するのに800万ドルしか受け取れないのではどの球団も出さないだろう」ってありますが。
 そのリュ・ヒョンジンこそが韓国においては空前絶後のピッチャーであって、日本で言えば松井・イチローのレベル。
 それですらシーズン通して動けたのが1回だけ。去年は全休で今年は復帰時期不明。
 他にKBOからきて活躍できた選手……いないんじゃないかな?
 日本経由でも契約はできても活躍できた人もいないしなぁ。韓国人で活躍したっていうのであればチュー・シンス、パク・チャンホ。あとキム・ビョンヒョンくらいかな。
 この3人は韓国からアメリカに高卒なり大学中退なりで直接渡っています。
 つまり、KBOからアメリカに「出荷」することができて、活躍できたのは1人、それも1シーズンだけ。
 これがメジャーからの視点です。
 で、あれば800万ドルは上等でしょう。
 メジャーから見たときに、育成の場として成功しているとは言い難いですからね。

これは羨ましい。