20代後半の失業者数 今年に入り急増=韓国(聯合ニュース)
 先月増加した韓国の失業者の7割が20代後半(25〜29歳)だったことが20日、分かった。

 韓国統計庁によると、20代後半の失業者は2月に前年同月比8万人増加した。全体の失業者は同11万4000人増え、このうち70.2%を20代後半が占めた。

 若年層(15〜29歳)のうち20代前半(20〜24歳)の失業者は9000人減少し、15〜19歳は5000人増加にとどまった。30代は8000人、40代は1万人、60代以上は3万1000人それぞれ増加し、50代は1万2000人減少した。

 1月の失業者も全体では1000人減少したが、20代後半は2万8000人増加した。同じ若年層でも15〜19歳は4000人、20代前半は6000人それぞれ減少した。

 失業者が増えたことで失業率も急上昇した。20代後半の1月の失業率は8.3%で前年同月より0.9ポイント上昇した。2月の失業率は同2.8ポイント上昇の11.9%だった。

 20代後半の失業者が急増したのは、就職難に伴い就職に有利になるような経験や能力の蓄積に時間をかけ、20代後半になって求職活動に乗り出す場合が多いためとみられる。

 統計庁関係者は20代後半の失業者が増えた背景について、「男性の場合は兵役問題、女性の場合は大学卒業までにかかる時間がやや長くなったことが影響しているようだ」との見方を示した。
(引用ここまで)

 以前にもちょっと書きましたが、韓国での4大卒による就職は20代後半になることも少なくありません。
 社会的に就職浪人を是認する雰囲気であること、根本的に就職難であること、そして兵役があるためという3つの要因が重なってけっこう遅めなのです。
 それでいて40代後半には肩が叩かれるのですから、ひとつの会社に在籍し続けたとしても実働年数は20年に満たないなんていうこともよくあるのですね。

 逆にいえば20代後半まで求職しない。
 求職しないのであれば「失業者」ではないのです。
 でも、その20代後半の失業率が上がっている。つまり、今年の新規採用が就職砂漠状態。

 未曾有の不況であることに加えて、従業員数300人以上の会社では60歳定年制を導入しなければならなくなったことで新規採用を極端に絞っているのです。採用するにしても即戦力である中途採用優先で、育成の必要がある新規採用には向かわない。
 というわけで、20代半ばからの失業率が上昇せざるを得ないわけですね。

 しかし、最後の言い訳の「男子は兵役問題があるから」っていうのはすごいですね。
 韓国の兵役がここ数年ではじまったわけでもあるまいに。

「反日韓国」の苦悩 老いも若きも未来に希望がない