昨年の保険詐欺摘発金額6549億ウォン。歴代最高記録(マネートゥデイ/朝鮮語)
一家5人が全国20カ所の病院を回って繰り返し入院する手法で、8億5000万ウォン相当の保険金を詐取した犯罪が摘発された。彼らは重複保障が可能な保障性保険154個を登録し、月の保険料だけでも400万ウォンに達した。膝軟骨異常、腰椎突き出し症(訳注:ヘルニア?)、高血圧などを理由に、10年の間に2141日(5.9年)に渡って入院していたことが明らかになった。

昨年、保険詐欺で摘発された金額が6549億ウォンとなり歴代最高水準を記録した。保険金詐欺容疑者は8万人を超えた。

22日、金融監督院によると保険詐欺摘発金額は前年5997億ウォンから552億ウォンが増えて、過去最大の規模を記録した。保険詐欺に携わった人数は、前年より954人減少した。 1人当たりの平均保険金詐欺摘発金額は、2014年の710万ウォンから2015年の780万ウォンに増加した。

昨年の保険詐欺摘発金額が過去最高レベルになったのは事務長、病院、保険代理店などブローカーが介入した大型事件の集中的な捜査を行った結果だ。

保険詐欺の類型別にみると、自動車保険の割合が47.0%で、10年前の77.6%に比べて大幅に減少した一方、生命・長期保険の割合が初めて50%を超えた。この割合は、10年前の21.3%に過ぎなかったが、昨年50.7%で2倍以上に増えた。

ソン・ヨンサン金融監督院保険金詐欺対応室長は、「自動車保険はブラックボックス、CCTVなどの影響で保険金詐欺の試み自体が事前に遮断された」とし「一方事務長、病院などの企画調査の強化などで、生命、長期損保関連虚偽入院の摘発が昨年大幅に増えた」と説明した。

保険詐欺は虚偽申告(4,963億ウォン、75.8%)、故意の事故(975億ウォン、14.9%)、被害誇張事故(353億ウォン、5.4%)の順で多かった。

特に50代以上の高年齢(38.4%)と女性(28.9%)が保険金詐欺に多く関与したことが分かった。保険詐欺容疑者の職業は、無職・日雇い(25.5%)、会社員(20.1%)、自営業者(7.1%)の順である。

保険と密接な関連がある募集・病院・整備業者の従事者による保険金詐欺は昨年3088人で、前年2269人に比べ36.1%増加した。

昨年の保険詐欺申告センターを介して受信された保険金詐欺情報提供件数は合計4916件で、前年(5753件)に比べ837件(14.5%)減少した。これは、損害保険会社、重複情報提供を認めないなど褒賞金認定基準の強化であると解釈される。

最近の保険詐欺防止特別法が制定されたことにより、保険金詐欺摘発金額は今後さらに増えるものと見られる。金融監督院は保険金詐欺であることをシステム(Insurance Fraud Analysis System、別名「IFAS」)を介して効率的で体系的な保険金詐欺の防止と摘発活動が可能になると期待していた。
(引用ここまで)

 詐欺に関してだけいうのであれば、アジア各国を圧倒的に引き離し、世界先進国の一員ともいえる韓国。
 その韓国での保険詐欺で摘発された金額が過去最高を記録したとのこと。
 もちろん、これは「摘発金額」なので氷山の一角に過ぎません。

 保険金詐欺に関しては去年も摘発の最多額を更新していたのですが、今年はさらに更新。人数は微減。
 そして、その摘発の陰にはもちろん密告通報者報奨金制度が存在しています。

 その情報提供件数が4916件。なんと1日に13.5件。そりゃまあ、担当者もてんてこ舞いですわな。

 詐欺事件に対して密告通報者報奨金制度で対抗するというのが韓国そのものを現していて面白いですね。
 これで一本のドラマだの映画だのが成立するんじゃないかっていうくらい。パパラッチの韓流ドラマとかだったら見てもいいかもしれません。実体験に即した面白いエピソードとかいくらでも発掘できそうですから。
 大邱で起きた大規模な地下鉄火災の現場をさっさか掃除してしまうということがありまして、その言い訳として担当者が「もし遺骨があったとしても『こっそり持ちこまれた』ものかもしれない」ってコメントをしているのをみて衝撃を受けたものですが。
 あれは保険金詐欺を警戒してのことだったのだろうなぁ……。

 以前は自動車事故に伴う保険金詐欺が主流だったのですが、車載カメラの普及によってできなくなったっていうのも面白いところ。
 5年ほど前に人口が5万人の街で1年間で410人が保険金詐欺で摘発される、というような衝撃の事件があったものでしたが当時はまだ自動車事故が保険金詐欺の主流だったのですよね。
 テクノロジーが進化しても、人が変わらない以上はいたちごっこが繰り返されるだけなのですね。

 ぼったくりをなくそうとするなら、「ソウル市が被害金額を保証」というような小手先の対策ではなく経済構造を変え、ボトムアップで国民の収入を増やさなければならないように。
 保険金詐欺も同様に国民意識を変えていく必要があるのでしょうね。
 まあ、どれも無理ですけども。

モラルリスク常習者たち――保険金詐欺