韓国軍兵士3万人を危険に追いやる防弾チョッキ不正(朝鮮日報)
【社説】銃弾が貫通する防弾チョッキを購入しカネを受け取る韓国軍将校(朝鮮日報)
 監査院は23日、国防部(省に相当)や防衛事業庁など五つの部処(省庁)を対象に、主に物資の購入や納品について行った監査の結果を発表し、上記の不正について明らかにした。監査院によると、国防科学研究所(ADD)は2007年から10年にかけて総額28億ウォン(現在のレートで約2億7000万円、以下同じ)を投入し、先端ナノ技術を活用した高性能液体防弾チョッキの開発に成功した。朝鮮人民軍は通常の防弾チョッキを貫通するAK74小銃を使用しているが、この新しい防弾チョッキはAK74の銃弾が貫通しないことが実験で立証されていた。

 ところが韓国軍は2011年末、この新防弾チョッキの調達計画を突然撤回した。表向きの理由は「短期間での普及が困難で、価格も通常の防弾チョッキに比べて2倍と高く、重量もあって実際の使用に問題があるため」となっていた。

 その後、韓国軍は当初の計画を変更し、AK74の銃弾を防ぐことができない通常の防弾チョッキを前線に配布することを決定。問題の防衛機器メーカーに30万着、金額にして2700億ウォン(約260億円)相当の防弾チョッキを注文しただけでなく、このメーカーと2025年までの独占契約を結んだ。この防弾チョッキは14年から前線の部隊などにすでに配布されている。 (中略)

 監査院によると問題は防弾チョッキだけでなく、防弾ヘルメットでも不正が行われていたという。2012年に防衛事業庁に勤務していたある予備役将校は防弾ヘルメット入札の際、1位で落札した企業に対し、2位の企業に納品の権利を譲るよう圧力をかけていたことが分かった。この2位の企業は問題の防弾チョッキを韓国軍に納品したまさにそのメーカーだった。監査院によると、この予備役将校は除隊直後の14年2月、メーカーの持ち株会社に再就職し、4カ月の間に給与名目で4600万ウォン(約440万円)の現金を受け取っていたという。また別の陸軍予備役将校は11年、防衛事業庁に勤務していた際、ヘルメットの付属品に関する入札で、1位で落札した企業に対して不当に減点措置を下し脱落させていた。
(引用ここまで)

 ちょっと前まで海軍に監査が入っていたのですが、現在は集中的に陸軍への監査が行われているそうです。
 陸軍監査としてはK2戦車のパワーパックがドイツ製になったことが怪しいというようなピックアップをしていたのですが。
 今回はそこには言及せずに、防弾チョッキと防弾ヘルメットでの不正。
 防弾チョッキはAK74の銃弾を防ぐというものが新規開発されたのですが、賄賂を送った企業が圧力を加えて採用されなかったと。
 さらに同じ会社がヘルメットでも同様に入札1位企業に辞退するように圧力を加えていた、と。

 いつものお笑い韓国軍であって物珍しい部分はなにもないのですけどね。
 お笑い韓国軍で難しい部分は、それが技術不足でどうにもならないのか、賄賂を送って自社製品を採用させたのかがなかなか判別しきれない。

 K2戦車の場合はパワーパックの性能が足りなかった
 K11ライフルの場合は何度か撃っただけでひび割れを生じていた。
 そのグレネード弾は磁石を近づけたり電磁波を受けると爆発してしまった。
 このあたりは韓国の技術力の問題でした。

 賄賂でのパターンは魚群探知機でおなじみの統営が典型例で、今回の防弾チョッキもそのパターンにはまってるってところですか。
 まあ、いつもの韓国の姿であって、この監査が終了すればまたいつもの姿に戻るのでしょうけどね。

開国前夜―田沼時代の輝き―(新潮新書)