朴大統領支持率 今年ワーストの36%=与党も下落(聯合ニュース)
 世論調査会社の韓国ギャラップは25日、朴槿恵(パク・クネ)大統領の支持率が前週より4ポイント下落し36%と今年に入って最低を記録したと発表した。不支持率は3ポイント上昇の52%。

 調査は22〜24日に全国の有権者1004人を対象に実施された。

 支持の理由は対北朝鮮・安全保障政策(19%)、努力している(12%)の順に多く、不支持の理由は経済政策(16%)が最も多かった。

 政党支持率は与党セヌリが前週から2ポイント下がって39%、最大野党「共に民主党」は1ポイント上昇の21%だった。セヌリ党は来月の国会議員総選挙の公認候補選びをめぐる党内の対立が響いたようだ。 
(引用ここまで)

 与党支持率も、大統領支持率も同じく下落。
 去年の頭は20%台だったのですから、まだまだ余力はありますけどね。

 原因は公認に伴う内紛を韓国国民が嫌っているため。
 以前から何度か内紛の様子をお伝えしていますが、もう展開が速すぎてどうにもならないくらいに。

 内紛がどのくらいひどいかというと、まず5つの選挙区で公認から外れて無所属で出馬した元セヌリ党議員に対して、対抗候補を立てようとしたのですね。
 でも党内から非難されて3選挙区では対立候補の送り込みを取りやめ。
 だけどもそれだと執行部のメンツが潰されるということで、2選挙区に関しては親パク派の「暗殺者」を公認して再度送りこむことを決定っていうくらい。
 そりゃま、国民も嫌けが差しますわ。 

 このゴタゴタで議席が集中する都市部でかなり支持率を落としているらしく、圧勝はもうないんじゃないかといわれています。それでも過半数は獲れる状勢なのだそうですが、韓国の国会では6割を獲らないと意味がないのですよね。

 総選挙は4月13日。どんな結果になりますかねー。

選挙参謀 (角川文庫)