三島由紀夫「憂国」盗作疑惑の韓国人作家、検察に、メールで潔白主張(朝鮮日報)
 ソウル中央地検刑事6部(ペ・ヨンウォン部長)は25日、申さんから「盗作ではない」という内容のメールを受け取ったと発表した。

 検察は、米国に滞在している申さんにメールで質問し、これに対し申さんは盗作疑惑を否定する趣旨のメールを送ってきたという。

 検察は昨年6月、韓国社会問題研究院のヒョン・テクス院長が申さんを詐欺および業務妨害容疑で告発したのを受け捜査に着手した。

 ヒョン院長は当時、申さんが短編小説『伝説』の中で、日本の作家、三島由紀夫の『憂国』の一部をまねしたと主張した。また、申さんの小説『母をお願い』が、ドイツの作家ルイーゼ・リンザーの小説の一部をまねたと主張した。
(引用ここまで)

 以前、盗作疑惑が取りざたされたときに、当初は出版社・作者が一緒になって「盗作なんてとんでもない」「三島は右翼作家だ」みたいに話していたのですよ。
 でも、このニュースが大きくなると「文面を見比べると盗作といわれてもしかたがない」というように方向転換したのですね。
 ま、実際に過去エントリを見てもらえれば盗作ではないという主張は難しいと思います。

 でも、検察からの取り調べでは「盗作ではない」と。
 ……じゃあ、宇宙のどこかから電波が飛んできて作者が受信したとでもいうんでしょうかね。
 もはや、それもありのような気がしますが。
 韓国では「右翼小説家」とされている三島由紀夫なので、そこから「盗作」したということになればメンツを失うということも大きいのでしょうね。

 もうすぐ三島の没後50年になるなので著作権は存在しなくなるのですが、盗作として取り上げられている小説というのが20年くらい前の著作なので、それを主張するのはさすがに難しいかなぁ。