韓国国会議員総選挙、候補者124人に飲酒運転の前科(中央日報)
第20代国会議員総選挙に出馬した地方区・比例代表候補1102人のうち38%に当たる426人に罰金100万ウォン以上の前科があることが明らかになった。

中央選挙管理委員会が提供した候補者情報を中央SUNDAYが分析した結果によるものだ。全地方区候補944人のうち40.7%の384人に702件の前科が、比例代表候補158人のうち26.6%の42人に101件の前科が確認された。

最も多い事例は飲酒運転で、全体の11.3%の124人となった。セヌリ党が28人、「共に民主党」が26人、国民の党が26人、正義党が12人など。セヌリ党では韓善教(ハン・ソンギョ、竜仁丙)、鄭斗彦(チョン・ドゥオン、ソウル・西大門乙)、金容兌(キム・ヨンテ、ソウル・陽川乙)、田夏鎮(チョン・ハジン、城南・盆唐乙)、金起善(キム・ギソン、原州甲)、兪義東(ユ・ウィドン、平沢乙)、洪哲鎬(ホン・チョルホ、金浦乙)議員の現役議員7人が含まれ、比例代表12番のユ敏鳳(ユ・ミンボン)前青瓦台(チョンワデ、大統領府)国政企画首席秘書官も2009年11月27日に飲酒運転で罰金200万ウォンの処分を受けた。

民主党でも薛勲(ソル・フン、富川・遠美乙)、李相ミン(イ・サンミン、大田・儒城乙)、辛正勲(シン・ジョンフン、羅州・和順)議員の現役議員3人が含まれ、趙正蝓淵船隋Ε献腑鵐轡、始興乙)議員は飲酒測定拒否で150万ウォンの罰金刑を受けた。国民の党の鄭ホ駿(チョン・ホジュン、ソウル・中・城東乙)議員は飲酒運転と無免許運転の前科が、正義党の魯会燦(ノ・フェチャン、昌原・城山)元代表は飲酒運転の前歴がそれぞれある。民主党を離党して無所属で出馬した姜東遠(カン・ドンウォン、南原・任実・淳昌)議員は2件の飲酒運転の前科が記録されており、セヌリ党を離党したチョ海珍(チョ・ヘジン、密陽・宜寧・咸安・昌寧)議員も飲酒運転の事実があった。

ソウル・陽川乙はセヌリ党と民主党、国民の党の候補3人全員に飲酒運転の前科がある。

大田地域の無所属候補は一般交通妨害、都市公園および緑地法違反などで10回の罰金刑を受け、群小政党の比例代表候補も不正小切手取り締まり法や勤労基準法違反など10件の前科記録があった。

市民団体「正しい社会」のイ・オクナム政治室長は「過去には禁固刑以上が基準だったが2012年の公職選挙法改正で罰金100万ウォン以上のすべての前科記録が公開される。大多数の候補が『罪をつぐなったので問題はない』と考えるが、公職候補者である総選挙立候補者にはさらに厳格な道徳性と倫理性が求められる」と話した。
(引用ここまで)

 これは面白い。
 面白いという言いかたが正しいかどうかはともかくとして、面白い。
 今時の日本じゃ、現役議員が飲酒運転しただけでも議員辞職させられそうな勢いですが、韓国ではまだまだ許容範囲なのでしょうね。
 以前にも聯合ニュースの日本支社長が「韓国人は酒を飲んで殴り合って憂さを晴らして終わり」って言っていましたが。
 あれが韓国人の実際の意識なのでしょう。

 日本でもかつては甘いというか社会的に是認されていた部分がありましたが、1999年の東名高速道路での飲酒トラックによる追突事故から本当に厳しくなりました。
 候補韓国でもこういう事故はばんばん起きているはずなんだけどなぁ……。社会的にそれほど衝撃を与えていないのかなんなのか。
 大統領特赦でもけっこう減点が取り消されることが多いと聞きます。
 いつまで経っても飲酒運転に対して寛容なままなのですよね。
 交通事故死の異様な多さの原因はここにあると思うのだけどな。