米大統領の海外指導者19人への好感度、安部首相7位・朴大統領は…(朝鮮日報)
How Obama Views the Men and Women Who(Also) Rule the World(Atlantic/英語)
オバマ政権の国防・外交政策を取材してきた米月刊誌「アトランティック」のジェフリー・ゴールドバーグ記者は先日の記事で、同大統領の海外指導者19人に対する好感度を分析・レポートした。朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は今回の記事に記載された海外指導者19人に入っていない。 (中略)

 同記者は、アジア最大の友好国・日本の安倍晋三首相(7位)とオバマ大統領はそれほど親密な関係ではないと見ている。

 その判断の根拠は、オバマ大統領が訪日した時、安倍首相は打ち解けたムードを期待して有名寿司店で夕食の「おもてなし」をしたが、オバマ大統領はプライベートな話は避け、国防や貿易に関する議論ばかりしたことだ。

 安倍首相もそうしたオバマ大統領のあいまいな態度に気分を害したという。
(引用ここまで・太字引用者)

 あら、久しぶりにきましたね。
 「おまえら、韓国のことを大国だと思ってるんだろ? 残念、実際の扱いはこんなんだからwww」って大草原になっちゃうヤツ。
 米中双方を等距離外交によって手のひらの上で転がす外交大国みたいに思いこんでいても、実際の大きさはこのくらいですよっていうことです。

 実際のアトランティック誌の記事のタイトルは「オバマは(ともに)世界を支配する人物たちをどのように見ているか − ざっくりとした大統領と他国指導者との関係ガイド」っていうもので。
 要するに「重要な指導者」たちとの関係がどのようなものかっていうことを語っているものなのですね。
 つまり、「パク・クネは重要ではない」と言外に宣告されているわけですよ。まあ、外交っていう面でみたらよっぽど北朝鮮のほうが目立っていますし。
 この扱いは当然かな。

 んで、安倍首相の部分ですが。
 19人の指導者の中でカナダとUAEにはさまれた7番目はそれほど悪い位置でもないと思います。まあ、カナダの新政権とはあまり反りがよくないというのも実際ですが。
 ちなみに朝鮮日報の安倍−オバマの関係に関する翻訳ですが、珍しく嘘も過不足もありません。
 最初にある「オバマはやっかいなアジアの指導者たちをうまい手さばきで扱っている。しかし、安倍首相との関係はそうではない」という一文を無視しているくらいですかね。