【社説】昇進を拒否する権利!? 世界的な話題を振りまく現代自労組(朝鮮日報)
 現代自動車労働組合は27日に代議員大会を開催し、今年の賃金と労働協約交渉の際、一般社員と研究職社員に課長への昇進拒否権を認めるよう要求することを決めたという。現代自では代理から課長に昇進した場合は労働組合員としての資格を失い、さらに年俸制が適用され、毎年人事考課の対象になることが定められている。そのためこのような制約なしに組合の保護を受け続けることができるよう、昇進の人事を拒否できるよう求めているわけだ。

 サラリーマンであれば普通は誰もが昇進を夢見て働いているはずだ。ところが現代自では逆に昇進を拒否する権利を求めているのだから、これは世界的なニュースになるほどの話題だ。ただしこれは企業が社員の働きぶりや能力を評価し、適材適所に配置する人事権を侵害するという側面もあるだろう。

 現代自社員の平均年収は、2015年の時点で9600万ウォン(約890万円)で、これは自動車販売台数世界一のトヨタよりも多い。トヨタ社員の平均年収は2013年度の時点で8318万ウォン(約770万円)だった。一方で現代自の場合、韓国国内の工場で自動車を生産するのにかかる時間は1台あたり26.8時間で、これは同じ現代自の米国アラバマ工場の14.7時間、北京工場の17.7時間よりもはるかに長い。このような高費用・低効率の影響で、本社は韓国国内の工場への投資は避け、海外にばかり工場を建設している。そのため現代自の韓国国内における生産台数は、ここ数年はずっと185万台のままだが、海外生産は年間305万台で、しかもこの数字は年々伸びつつある。

 最近は過去に例のないほど厳しい不況に見舞われ、造船最大手の現代重工業でさえリストラが避けられない状況だが、それでも同社の労働組合は29日、わざわざソウルにやって来てリストラ反対と賃金引き上げを求める抗議行動を起こした。大宇造船海洋の労働組合も「構造改革を口実に、従業員にさらなる犠牲を強いるのは受け入れられない」として改革に反対している。このように大手企業の正社員からなる労働組合は、今のような危機的状況の中でも自分たちのことしか考えていない。非常に見苦しいと言わざるを得ない。
(引用ここまで)

 ヒュンダイのほうは「俺のことを大人扱いするな! いつまででも子供扱いして手厚く保護しろ!」っていう話ですね。
 労働者版ピーターパンシンドロームとでもいうべきか。
 キア自動車労組は「ワールドカップが見たいので休む。ただし、給料は保証しろ!」って主張。
 現代重工業は「賃上げしなかったら出馬を予定しているFIFA会長選の落選運動をするぞ」と恐喝。まあ、恐喝するまでもなかったのですが。
 いわゆる30大財閥のうち、1/4くらいが労組から正社員世襲制度を採用させられている
 ヒュンダイ自動車労組は「このままでは海外工場ばかりが増える」ってことに気がついて、自分たちの脅迫的労組運動を輸出しようとも企んでいましたね。

 こういった話は枚挙にいとまがないのでこのくらいにしておきましょうか。
 後半の大宇造船海洋と現代重工業のリストラ反対もすごいですね。
 あれだけの損失を出しておきながらいまだに昇給を求める。

 足元が見えていないなぁ……もう韓国経済の堤防はひび割れて、足元には水がきちゃっている状態。
 それなのにいまだに「パンとサーカスを!」って叫びつづける。
 自分たちの栄光が終わりかけていることにいつ気がつくのでしょうかねぇ……。

韓国の限界 (週刊エコノミストebooks)
桐山友一
毎日新聞出版
2015-12-11