【中央時評】韓国のイラン外交成果…政府が話さないこと(中央日報)
韓国・イラン経済協力の建設MOUは過大包装(ハンギョレ)
「ジャックポット受注」「テバク(=bonanza、大もうけ/大当たり)セールス外交」「第2中東ブームの礎石」。朴槿恵(パク・クネ)大統領のイランセールス首脳外交に対する賛辞だ。中小・中堅企業146社、大企業38社、経済団体・公共機関・病院52カ所など歴代最大規模の経済使節団236人を率いた朴大統領が現地で出した経済的成果を見ると、賛辞を受けるに値する。青瓦台(チョンワデ、大統領府)の発表によると、イラン側と締結した了解覚書(MOU)は66件で、計456億ドル規模を受注したという。造船・海運産業の構造改革など惨憺たる国内経済の現実に絶望した国民にはまさに朗報だ。

しかし光があれば影もある。締結したMOUに法的拘束力がないという事実はひとまず置いておこう。さらに注意するべき問題はあちこちに隠れている政治的リスクだ。最も大きなリスクは、果たしてイランが「P5+1(国連安保理常任理事国+ドイツ))」と合意した「非核化包括的共同行動計画」を2025年までに履行するかどうかに対する疑問だ。急激な情勢変化のためイランが合意を破棄したり、追加で核開発関連疑惑が浮上すれば「制裁再開(snap−back)」条項が自動発動される。この場合、イランに進出した韓国企業が莫大な打撃を受けるのは間違いない。
(引用ここまで)
 朴槿恵(パククネ)大統領が、韓国・イラン首脳会談の成果として掲げた建設プロジェクトのうちの一部は、当初の発表内容とは異なり、了解覚書(MOU)さえ未だ結べていなかったり、他の現地企業との契約可能性が取りざたされている。 大統領府が明らかにした「約42兆ウォン(371億ドル)規模の成果」は過大包装という批判が高まるものと見られる。

 9日、建設業界の説明を総合すると、大統領府が朴大統領のイランを国賓訪問した2日に出した資料「韓国・イラン首脳会談経済分野成果」で、韓国の建設業者とイラン側の了解覚書の成果として提示された「チャバハール〜ザーヘダーン鉄道工事」(17億ドル規模)と「ミアネ〜タブリーズ鉄道工事」(6億ドル)は、現在までに了解覚書は締結されていなかった。 二つの事業はそれぞれ600キロメートルと160キロメートル区間に貨物・旅客鉄道路線を作る工事で、イラン道路都市開発部傘下の交通基盤開発公社が発注処だ。 韓国では現代建設と現代ロデムが共同で事業を受注するための作業を進めていた。 現代建設の関係者は「今回のイラン訪問中に了解覚書を結ぶことができなかったのは事実だ。しかし今も受注を継続推進している」と話した。

 同じく大統領府が成果として掲げた建設プロジェクトが頓挫する可能性も、イラン公企業代表の口を通じて提起されている。 イランの通信社、タスニムニュースは8日、交通基盤開発公社の最高経営者アリ・ヌルジャドゥ氏が「韓国コンソーシアムと結んだ『テヘラン〜ショーマル高速道路建設』事業の了解覚書によれば、韓国企業側は了解覚書の内容に言及された義務事項を4月中に履行することになっている。それができなければイランのカタム・オル・アンビア建設と契約を結ぶ準備ができている」と話したと報じた。 ヌルジャドゥ氏は了解覚書の内容には具体的に言及しなかった。

 テヘラン〜ショーマル高速道路建設事業は、テヘランと北部のマーザンダラーン州を結ぶ121キロメートル区間の高速道路を作る10億ドル規模の事業で、大宇建設が韓国輸出入銀行などとコンソーシアムを作り受注を推進している。 これもまたイラン交通基盤開発公社が発注処だ。 大宇建設関係者は「輸出入銀行などの資金調達がなされる計画であり契約がなされない可能性は少ない。予定通り事業が進行されると見る」と明らかにした。

 韓国企業がこの事業を実際に受注する可能性が完全に消えたわけではない。 だが、大統領府がイラン国賓訪問の成果として前面に掲げた「鉄道・道路・水管理分野」建設プロジェクト7個のうち3個は、当初の説明とは異なり容易ならざる状況に置かれている。
(引用ここまで)

 パク・クネがイラン訪問で42兆ウォン規模の建設投資を引っぱってきたって話が先週くらいに出ていたのです。
 楽韓Webではスルーしていました。
 MOUを締結した、ということよりもその後のレポートを待っていたからです。

 で、そのMOUがなんら法的拘束力のあるものではないという話が出てきまして。
 「お、きたきた」と思っていたらハンギョレからはさらに「MOUすら締結できていない」とのお話。

 ま、珍しいことでもないですね。
 エリクソンと15億ドル規模の投資契約を締結したって韓国大統領府が発表したことがありまして。
 完全な嘘でした。
 仁川市もドバイと「法的拘束力のあるMOUを締結して、フューチャーシティが造成される」というプレスリリースを出しましたっけ。
 まあ、そのオチはご存じの通り

 今回のイラン外交で「パク・クネが大当たりを引いてきた!」って言ってきた時点で、楽韓さんの眉はつばでびっちょびちょだったのですが。
 まあ、案の定でした。 

 先だっての総選挙で完敗を喫したパク・クネ政権がこのイラン訪問でなにかを仕掛けてくるのではないかと思っていたのですが、いつものやりかたでしたね。
 困ったときほど伝統のやりかたに戻るわけです(笑)。

縄文土器の岡本解釈は面白かったですね。