<ロッテ不正資金捜査>第2ロッテワールド建設のため元空軍中将に13億ウォン?(中央日報)
検察などによると、ソウル中央地検防衛事業捜査部は第2ロッテワールドの施行会社ロッテ物産が2011年ごろ、元空軍中将のC(69)にコンサルティング費名目で13億ウォン(約1億2000万円)を渡したことを確認した。第2ロッテワールドは2010年11月、高さ123階で最終建築許可が出された。城南(ソンナム)ソウル空港の滑走路の角度を3度変更する工事費1000億ウォン相当をロッテ側が負担する条件で合意しながらだ。

その後、ロッテ物産は戦闘機部品整備会社B社の会長だったCに滑走路工事に関するコンサルティングを依頼して資金を渡したことが分かった。検察はCに戦闘機整備とは関係がない滑走路工事のコンサルティングを任せたことに注目し、その資金が滑走路工事費削減のためのロビー活動名目などとして空軍関係者に渡ったかどうかを確認している。
(引用ここまで)

 韓国ロッテが全方位で捜査を受けています。
 主要な容疑は不正送金やそれにともなう裏金づくりといったところのようですが。
 ロッテ運営の免税店でのロケーションを巡っての裏金疑惑からこっち、ありとあらゆる関連企業に検察が捜索に入っては押収を続けています。
 ついには予定されていたロッテホテルの上場すら無期延期になってしまったほど。

 でも、こんなていどの裏金づくりやらなんやらなんて韓国では当たり前のように行われてきていることなのですよね。
 ありとあらゆる業種で、財閥は集金マシンとして下々の韓国人から1ウォンでも多く吸い取るために最大努力を続けてきたのですから。

 記事の第2ロッテワールドの建造許可に伴う空軍中将への贈賄と見られる金の話なんてずーっと前に話自体は出ていたけどスルーされていたことです。
 そもそも「ネイチャーパブリックの会長から20億ウォンの裏金が渡った」ことで家宅捜索を受けたときに、なんともいえない違和感を感じたのですよ。

 なんでたった2億円だかそこらの端金で捜索を受けているのだろうと。
 ロッテといえば韓国の財閥の中でも上位に位置する、いわば王族クラスの人々。
 それがこんなていどのことで家宅捜索を受けるとかなんとも納得しがたいのです。

 国民に対するパク・クネのエクスキューズかなぁ……とも思います。
 経済情勢は悪化の一途。
 「韓国の誇り」だったはずの造船業は破綻寸前、その他の企業もばんばんゾンビ企業化している
 韓国国民に不満がたまっているのを、財閥への捜索で目を逸らさせようとしているのではないかなと。
 その対象として……

・「日本企業だ」と糾弾されている。
・いわゆる「兄弟の乱」でも悪印象を持たれている。
・親イ・ミョンバクであり自らと縁遠い。
・財閥としてそこそこの規模を持っている。

 という条件が揃っているロッテがスケープゴートとして国民に捧げられたんじゃないかなと。
 政権と遠いロッテであったら逆ギレされても、現政権に害を及ぼすようなネタが少ないということでもありますからね。
 で、「パク・クネ政権はたとえ財閥が相手であっても糾弾する」というイメージを植え付けることができれば大成功。
 少なくとも国民による怒りの矛先を変えることはできそうですからね。

 というようにでも考えないと、ロッテへの捜索は本当に唐突でかつ規模が大きすぎるのです。
 真相がどこにあるかはなんともいえませんが、なんらかの副次的効果を狙っているのは間違いないんじゃないですかね。