【コラム】中国の報復がそんなに怖いのか(朝鮮日報)
 40年以上にわたって中国を担当してきた、ハドソン研究所中国センターのマイケル・ピルズベリー所長は昨年、『100年のマラソン』という著書を刊行した。中国が建国100周年を迎える2049年までに、米国を抑えて世界に覇権を唱えるという夢を抱いているという内容だ。

 この本では、米国と中国の間に密約があると主張している。その秘密の約束には、韓国や日本にも知られていない内容が含まれているという。北朝鮮問題も、韓国が知らないうちに、両国が耳打ちし合っているということを暗示している。

 興味深いのは、ピルズベリー氏自身の変節の告白だ。同氏は中国が経済成長を持続すれば、日本や韓国のような民主国家に生まれ変わるだろうと信じ続けてきた。中国に対し、愛らしいパンダのようなイメージを持っていたというわけだ。ところが今は、人権を無視し、独裁を強化し、周辺国を苦しめる中国を目の当たりにして、考えが変わったというのだ。力を振りかざしていた全盛期に戻ろうとすることこそ「中国の夢」だ、とピルズベリー氏は見ている。そのため、「竜」を攻撃する勢力に加わったというわけだ。 (中略)

中国はこれまで「低姿勢でひそかに力を蓄える(韜光養晦、hide and bide)」という戦略によって周辺国との摩擦を避けてきた。ところが、習近平政権は日本と争う姿勢を見せたり、南シナ海に多くの人工島を造ったりして、太平洋への進出にも露骨な姿勢を見せている。そして、米国の高高度ミサイル防衛システム「THAAD(サード)」の配備をめぐる韓国との対立も新たに加わった。

 日本は中国の豹変(ひょうへん)に驚き、すぐに米国との同盟を強化した。続いて台湾やベトナム、フィリピン、オーストラリアも米国との関係を強化した。THAADの配備をめぐって国内での対立を抱える韓国が忘れてはならないのは、米中両国の対峙(たいじ)という構図だ。 (中略)

それよりも心配なのは、韓国の外交に対する信頼が低下していることだ。日本を仇敵(きゅうてき)のように見なしてきたかと思えば、今年は大統領が日本を訪問するという。対米外交も同盟関係が基軸だという点を忘れ、大統領が天安門の楼閣に上ったかと思えば、THAADの配備を受け入れるという両極端な姿勢を見せてきた。

 がさつな外交によって、中国に対する誤解を生んだ罪もそう簡単には消えない。中国側から見れば、THAADの配備「韓国にだまされた」という見方もできる。THAADの配備をめぐり、米国と非公式の協議をしていながら、「要請もなく、協議もしていない。だから、決まったことも何もない」という「三つのノー」をいつものように口にしてきた。(THAADの配備は)北朝鮮の核実験の動向を見て決定する、と最初から言っておくべきだった。

 韓国の大統領や外交部(省に相当)も、中国について誤解していた。大統領が天安門の楼閣に上ることで、中国が北朝鮮に対する制裁で先頭に立つと信じていたが、中国は期待を裏切った。中国からパンダ2頭が韓国にやってきたが、大統領府や外交部はただ、体重が200キロにもなるパンダのマネキンとダンスを楽しんでいただけだった。
(引用ここまで)

 ようやく何人かの韓国人は気がついてきたようですね。
 「中国とアメリカの中間地点にいる『等距離外交』は両方にとって敵である」ということに。
 双方が大人しい状況であれば利を得られるだけ得て大儲けもできていたでしょうが。経済的な意味だけではなく。

 中国があれほど自らの覇権を拡げることに腐心してきた光景を見ていれば、いつの日かこういう事態になることは分かっていたのですよね。
 日本は少なくともこの数年、確実に対中戦略を対決があるという方向で考えてきたし、オバマであってですら2期目はそれを理解していた。
 周辺国でなければ分からなかった中国の圧力が、それ以外の国にも理解された日こそが仲裁裁判所の判決が出た日だったのですよ。

 であるにも関わらず、韓国は中国に付き従ってきて挙げ句の果てには天安門で「真・悪の枢軸」ともいえるスリーショットを撮られてしまった。
 韓国人はそれを見て「韓国外交の威力を見たか!」みたいな話をしていましたね。パク・クネの支持率もうなぎ登りでした。

 実はあの「中国に付き従っている姿」というのは、中国の圧力を感じていなかったからではなくて、中国の圧力を感じていたからこそなのです。
 過去千数百年にわたって中国に対して叩頭してきた本能というものがそうさせたのでしょうね。
 ただ、問題は現状の韓国はアメリカと軍事同盟を結んでいるということ。
 さらには空軍を中心として、多くの装備品がアメリカからの輸入品であるということ。

 軍事同盟を結んだ国に背を向けながら、他の覇権国家に付き従うその姿は明らかに矛盾をしているのですが、もうそれは本能なのでしかたがないのですよ。
 そういう意味では日本とアメリカに統治されてきたこの100年が異常であるというだけで、韓国はその本来の姿に戻ろうとしている過渡期にあるのです。
 株価のチャートと同じように上下の幅はあるかもしれませんが、トレンドは一方向にならざるをえない。
 あくまでもTHAAD配備はその上下幅に含まれるていどの話です。
 アメリカも韓国を含めた対中戦略を諦めたからこそ、日本との絆を強化しようとしている。

 21世紀中頃までに韓国はその本来の姿に戻るんじゃないでしょうかね。
 そして韓国にとってはその位置こそが幸せなんじゃないかと思われます。無理に民主主義国家の皮をかぶっているからこそ、いろいろな無理が生じているわけで。
 韓国は「民衆の9割は犬と豚」の身分制度をしっかりとれる社会のほうが向いているのですよ。

悪あがきを繰り返し 突然死の危機に陥る中国と韓国
宮崎正弘 (著), 室谷克実 (著)
徳間書店
2016/01/29