韓国人メジャーリーガーの現状なんかを伝えてみましょうか。
 すでにメジャーリーガーじゃないのも含まれていますが、まあそこはそれ。

イ・デホ    成績不調で3A
パク・ビョンホ 成績不調で3A
カン・ジュンホ 負傷者リスト(今季絶望?) 
チュ・シンス  負傷者リスト(今季絶望)
キム・ヒョンス  右投手専門で活躍
リュ・ヒョンジン 負傷者リスト(今季というか、いろいろ絶望)
オ・スンファン かなりの好調さ

 野手組の簡易レビュー。

・パク・ビョンホ
「40本ペースでホームラン量産」のはずが成績不振でマイナー落ちしたまま。3Aですら打率.224、8月に入ってからホームラン1本。なお、韓国では4年連続のホームラン・打点の2冠王という殿堂入りクラスの選手でした。

・チュ・シンス
死球で骨折、今季絶望。1シーズンで4回目のDL入りとかなんなん。200打席もこなせなかった超絶スペ体質。プリンス・フィルダーが引退したいま、テキサスレンジャーズ最大の不良債権。なんと2020年まで契約残ってしまっている。後半戦の成績は打率.184/OPS.547とゴミだったので骨折なくても終わってたっぽい。

・カン・ジュンホ
後半戦不調気味(打率.229/OPS.739)ながらも準レギュラーだったが、今日の試合で2塁へヘッスラして肩を痛めて負傷者リスト入り。不調だったのは例のアレの影響なのか、怪我の影響なのか、単に実力なのか不明。11日にはカンのボブルヘッド人形を2万人に配るというイベントがあったのですが、その日も出場しなかったというオチ。

・イ・デホ
オールスター明けからさっぱり打てず(打率.109/OPS.446)にマイナー落ち。ここまで引っぱったシアトルの対応も謎。韓国人が「イ・デホをレギュラーにしろ!」って叫んでたなぁ……。現状では9月のロースター拡大で上がれるかどうかも微妙。

・キム・ヒョンス
一時期負傷者リスト入りしていたものの右投手専門出場で3割超え。ただ、対左投手で16打数0安打。そしてレフトの守備が本当にひどい。

 16日にチュ・シンスDL入り、19日にイ・デホがマイナー落ち、20日にカン・ジュンホがDL入り。4日間で3人が消えました。
 パク・ビョンホはレギュラーで使われていたから打席数も多くて早くに弱点を見破られた。他の野手は打席数が少なかったので見破られずにいたものが、後半にいたって資料が揃って通用しなくなったってとこですかね。
 右専門とはいえ、キム・ヒョンスは立派な成績。

 続いて投手組。

・リュ・ヒョンジン
肩の負傷から復帰した1年半ぶりの先発で4回2/3を6失点KO。今度は肘を痛めて即座に負傷者リストに戻って今季絶望。それ以前に肩故障でクリーニング手術から1年ちょっとで復帰とか無理。

・オ・スンファン
走者を出す劇場演出は変わらないものの、好調さを持続中。ただ、ダブルヘッダーで2試合とも登板させられるとか酷使気味。単年契約だからなのか、漂うぶっ壊れ上等感。 

 今日時点で韓国人野手組、選手全体の総合価値を評価するfWARで全員イチロー以下。

イチロー   1.4
カン・ジュンホ 1.3
キム・ヒョンス 1.0
チュ・シンス  0.6
イ・デホ   0.3
パク・ビョンホ. 0.1

 rWARではイチロー、カン・ジュンホともに1.5。あとは全員それ以下。
 fWAR、rWARがなにか分からない人は検索おのおので。

 韓国ではBIG7とかなんとかいって「この7人の韓国勢がメジャーを制覇!」みたいな勢いだったのですが、すっかり尻つぼみ。
 「パク・ビョンホは松井のホームランシーズン記録を簡単に葬り去るだろう」とか鼻息が荒かったのですがねー。

メジャーリーグここだけの話
長谷川滋利
講談社
2015-08-14