日本「韓国から要請あれば通貨スワップを積極的検討」(中央日報)
  ↓
企財部「韓日通貨スワップ財務長官会議の議題に含まれていない」(INFOMAX/朝鮮語)
日本政府は27日にソウルで行われる韓日財務相会談で、両国間の通貨スワップ協定をまた締結する案を模索する方針だと、日本経済新聞が24日報じた。

麻生太郎副総理兼財務相はこの日、閣議後の記者会見で、緊急時にドルなどを相互融通する通貨スワップ協定に関し、韓国側が要請すれば積極的に検討すると明らかにした。
(引用ここまで)
   ↓
企画財政部は27日、1年3ヶ月ぶりにソウルで開かれる韓日財務相会議で、両国間の通貨スワップ再開議論が議題に含まれていないことを明らかにした。

企財部の関​​係者は24日、INFOMAXとの通話で「政府の基本的な立場は、なるべく多くの国と通貨スワップを締結すべきだと考えている」とし「韓日通貨スワップ再開は雰囲気がもう少し熟する必要がある」と述べた。

韓日財務長官会議に先立ち、両国の実務者から議題を設定し、具体的な協議を進め、調整しているが通貨スワップのための具体的な議論は行われていないというのが企財部立場である。

この関係者は、「今回の会議で直接議題に取り上げことはないと思われる」としながら「議題に含まれる可能性が全くないと断言することはできませんが、現時点では可能性が大きくない」と強調した。

この日の麻生太郎(麻生太)日本副首相兼財務相が、韓国側の要請があれば、通貨スワップ協定を検討するとメディアで言われたことについて、「通貨スワップは、一国が要求すると、相手国が受け入れる式ではなく互恵的なもの」と否定的な立場を表明した。
(引用ここまで)

 昨日の麻生財務相の発言をなぜか韓国メディアが「日本は積極的に検討すると言っている」と言い出したのですよ。
 実際の発言を見てみればどこにも「積極的」なんて文言はないのですが。
 ちなみに中央日報だけじゃなく、ニューシスなんかも同様に「積極的」と伝えています。

 それに加えて「韓国がいらないといって止めたのだから〜」という言葉を無視しているところも多いですね。
 ま、韓国人の心証としては「積極的に〜」と入れざるを得ないし、「韓国がいらない〜」という言葉は無視せざるをえないのですね。
 あくまでも日本側からの捧げものくらいの認識なのでしょうからね。

 で、その一方で企画財政部の関係者からは「まだ機が熟していない」とか「スワップ協定は相互的なものだから」とかで原則論を述べた話で、通貨スワップ協定に関する話し合いはないだろうという観測が出てくると。
 あれだけ「韓国から言ってくれば〜」と先制されてしまった以上、今回の財務相会談で話題に上るとしたら韓国側から願い出たということが分かってしまう。
 それは韓国政府の財政に疑問を持たれるきっかけにもなるし、メンツ的にもよろしくない。
 というわけで少なくとも今回はぽしゃったわけです。先制攻撃がうまく作用していますね。

 しかし、「通貨スワップ協定は互恵的なもの」であれば日韓通貨スワップ協定なんて日本は必要としないので、端から存在しえないですが。
 以前にも述べたように日本は先進各国の中央銀行と通貨スワップ協定を結んでいて、十分な備えがありますしね。「日本の危機」があったとして、通貨スワップ協定で韓国が日本に融通するのはウォンでしょ。そんな紙切れもらってもな……。