「今度は平昌の番」……準備は着々と?(KBS/朝鮮語)
ブラジルリオ五輪が22日に幕を下ろしながら、次のオリンピックである2018平昌冬季オリンピックに世界の関心が集まっている。 (中略)

最も基本的なインフラである競技場の建設は、どのていど進んだのでしょうか?
(中略)

まず、新設された競技場の中で女性のアイスホッケーの試合が行われる関東ホッケーセンター(全体の工程率93%)と男子ホッケー競技が行われる江陵ホッケーセンター(91%)、ショートトラックとフィギュア競技が行われる江陵アイスアリーナ(90%)は、全工程率がもっとも速く競技場の外部姿をすでに備えて室内外で大型クレーンなど様々な機器が動員され、詰めの作業の真っ最中である。

ボブスレーとスケルトン、リュージュ競技が行われる長さ2018mのアルペンスライドセンター(工程率87%)は、長さ161m、屋内訓練場を竣工しコースとトラックは10月までに竣工する予定である。座席1千席、立見席1万席を備える。

一歩遅れて工事を開始した江陵スピードスケート競技場は、猛暑にも昼と夜の工事を急いで全体工程率が71%に達する。
屋根をすでに覆って、現在400mのトラック作成する作業と7千800席規模の座席作業などが室内外で盛んに進行中、来年3月に竣工予定である。
すでにテストイベントを終えた旌善アルパイン競技場は10月にはコースとトラック、来年12月には全体竣工を控えて工事が盛んである。全体の工程率は68%である。

施設の拡充が真っ最中の普光スノースタジアムと江陵カーリングセンターは、41%と79%の工程率を見せている。

すでに施設が入って各種国際大会が開かれたアルペンシアスキージャンプセンターとクロスカントリーセンター、バイアスロンセンターも12月竣工を目標に工事が盛んである。
スキージャンプ・センターは65%、クロスカントリーセンターとバイアスロンセンターは、それぞれ全体の工程率が42%である。

龍平アルパイン競技場は8月に着工し、本格的な工事期進行される。

開・閉会式職人オリンピックプラザとIBC国際放送センター、平昌選手村(雪上)、江陵選手村(氷上)、江陵メディア村などの大会関連施設も工事が比較的順調である。
3万5千席規模で建設されているオリンピックプラザは、来年9月に竣工を目標に、現在14%の工程率を見せている。
来年4月に竣工を目指し平昌アルペンシアリゾート内の12万2千410屬坊設される国際放送センター(IBC)は、骨組み工事が盛んだが、現在の工程率は18%である。ここには、放送スタジオ11の(6千人収容)とIBC、OBSオフィスが入る。

平昌雪上種目選手村は、民間資本1800億ウォンをかけて推進中。規模は8棟600世帯、4400ベッドだ。来年9月に竣工を目指し、現在29%の工程率を示す。
江陵氷上種目選手村は、延べ面積11万屬9棟922世帯(3420ベッド)規模だ。 22~25階のうち、15階以上上がり、工程率は27%である。来年9月に竣工する。

江陵メディア村も来年9月に竣工予定で、現在工程率が31%である。 14〜25階の23棟2561世帯(6021ベッド)規模だ。
(引用ここまで)

 平昌オリンピックの施設進捗があったのでピックアップ。
 開幕は再来年の2月9日から。
 あと1年半ちょっとでこのレベルか……。
 まとめてみましょうか。

・女子ホッケー 93%
・男子ホッケー 91%
・フィギュアスケート 90%
・リュージュ/スケルトン/ボブスレー 87%
・スピードスケート 71%
・スーパー大回転/滑降 68%
・フリースタイル/スノーボード 41%
・カーリング 79%
・スキージャンプ 65%
・クロスカントリー 42%
・バイアスロン 42%
・回転/大回転 未着工(注)
・開閉会式場 14%
・報道センター 18%
・雪上競技選手村 29%
・氷上競技選手村 27%
・メディア村 31%

平均進捗率 55.5%

 回転/大回転の龍平アルパインセンターはすでに競技場はできていて、観客の施設等が未着工ということなのでしょう。すでに競技自体はこの競技場でワールドカップ等が何度も行われています。ということで平均進捗率には入れていません。

 あれだけもめて「日本と共催だ!」みたいに言われていた原因であるスライディングセンターが意外と進捗率高いですね。
 まあ、どっちかというと問題は維持費のほうだったのですけども。


 どの施設も完成は遅くとも来年の9月。つまり、プレ大会を1回くらいはできるという余裕をもって完成することになっているようです。
 予定では。

 ただ、施設自体はどうにかなるんじゃないかなぁ……と思うのですよ。テストイベントのキャンセルとかはあるかもしれませんが、本番ではアテネやリオですらどうにかなったわけですしね。
 ただ、問題は雪がどうなるか。旌善アルパイン競技場でのテストイベントでは奇跡的に雪が降ってくれたようですが。
 ちなみに着工はいつになるんだよって総つっこみを受けていた開閉会式場のオリンピックプラザは進捗率14%。その写真はこんな感じなんだそうです。

20160822_オリンピックプラザ
画像はKBSから

 さすがに着工はしたようですが、先はまだまだ長そうだなぁ……。