「韓国型スパコン」の開発も劣悪、中国産の2.6%水準(MBC/朝鮮語)
[ニュースデスク]◀アンカー▶
今年の夏、気象庁がスーパーコンピュータを2台持っても誤報を乱発しました。調べてみたところ、私たちが持っているスーパーコンピュータの性能があまりにも劣悪なものでした。
現在推進中の韓国型スーパーコンピュータの開発も順調であるかどうか、疑わしいという話もあります。
ヒョンジェグン記者が取材しました。

◀レポート▶
気象庁が米国から導入したスーパーコンピュータ「ヌリ」と「ミリ」、2台の価格が計5億ウォンを超えています。
しかし、中国が独自開発した世界最高のスーパーコンピュータと比較すると、パフォーマンスが2.6%水準に過ぎないことが判明しました。
遅れたスーパーコンピュータ分野の発展のために、政府は毎年100億ウォンずつ投資して2025年までに30ペタフロップスの性能の韓国型スーパーコンピュータを作るという計画です。
しかし、現在の傾向のままであれば、計画通り開発が成功したとしても中国のスーパーコンピュータの性能の200分の1に格差が広がって「スーパー」という修飾語を付けるにもみすぼらしいレベルになるという分析です。
さらに、国家的プロジェクトとしながら事務官1人が当該業務を担当しています。

[未来創造科学部の関​​係者] 「専門家グループもありKISTI(韓国科学技術情報研究院)のように、スーパーコンピューティングに専門的に従事する支援機関もあり、そのような方々の助けを……」

[キム・ソンテ/セヌリ党の議員] 「将来における良質な雇用創出のための主要なインフラ事業なのに、韓国が遅れていることを非常に懸念しています」

10関連省庁のうち8の省庁は、育成施策さえ立てませんでした。
(引用ここまで)

 韓国における最高のスーパーコンピュータは気象庁に納入されているクレイ社のものであるということは、すでにエントリを書いています。
 その「ヌリ」と「ミリ」が中国の「神威太湖之光」に比べて2.6%の性能しかない。だから天気予報も当たらない……というような話になっているのですが。

 うーん、そう?
 市販品の中であれば、韓国気象庁が導入しているXC40というスパコンはそれほど悪いものでもないのです。
 限定的な用途であれば充分な機能を持っていると思います。
 韓国の天気予報が当たらないのは他の要因が大きいでしょうしね。

 で、アルファ碁で韓国人棋士がぼろ負けしたこともあって、「韓国型スーパーコンピュータを作るのだ」とパク・クネ政権がぶち上げたのです。
 そのための担当者がひとりだけ。
 ……また新たな魚ロボットが製造されるのか。
 担当者がいちゃもんをつけられて裁判にかけられたりしなければいいのですけどね。

 高速鉄道もロケットも戦闘機も「韓国型」だのなんだの言っておいて、実際にできているものは魚ロボット
 なんでもかんでも「韓国型!」って叫ぶんじゃなくて、そろそろ分をわきまえることが幸せにつながることを理解してもよさそうですけどね。