韓国国土交通部、サムスン電子「ギャラクシーノート7」の”機内持ち込み禁止”報道に「事実無根」(Wow! Korea)
  ↓
サムスンのスマホ、機内で使用しないよう米当局が勧告(ロイター)
 韓国国土交通部は、バッテリーの発火事故によりリコールが決定したサムスン電子「ギャラクシーノート7」が、航空機内での充電を禁止する法案を検討している。しかし、機内持ち込み禁止については「事実無根」と説明している。

 8日、国土交通部の関係者は「報道を通して流れた”ギャラクシーノート7の機内持ち込み禁止”については、根拠のない話」とする一方、「機内での充電は禁止する法案を検討中」と伝えた。
(引用ここまで)
  ↓
米連邦航空局(FAA)は8日、サムスン電子(005930.KS)のスマートフォン(スマホ)「ギャラクシーノート7」について、航空機利用者に対して機内で電源を入れたり充電しないよう「強く勧告」するとの声明を発表した。
(引用ここまで)

 昨日のエントリでアメリカの連邦航空局が「ギャラクシーノート7の機内持ち込み禁止」を検討しているという報道を紹介しました。
 で、それに対して韓国政府は「事実無根である」と説明していたのですね。

 実際には機内に持ちこんでもいい。
 だけども充電はもちろん、使用も禁止。
 文鎮としてだったら所持OKってことですね。
 しっかりとアメリカ政府からは「ギャラクシーノート7は危険物である」という認定が行われたようです。

 最近の飛行機内では離着陸時以外であれば使用OK。オプションでWi-Fiもついてますよって便も多くなっています。
 旅客機の高度だとどうしても衛星通信なので低速でぎりぎり使えないことはないくらいのものですが、メールやSNSの最低限の確認ができるだけでもありがたいものです。
 たまにWi-Fiがついてるかどうかを確認せずに使用権だけ買ってしまって通信のできない代物になることもありますが(去年のニューヨークからの帰国時がそうだった……)。

 これだけ電子機器の使用は問題ないという状況の中で使用も充電もしないよう、「強く勧告」というのは実質禁止といっても過言ではないでしょう。
 もし、隣の乗客がギャラクシーノート7を使い始めたら気が気じゃなくなりますわ。