【コラム】先行教育は善行でない=韓国(中央日報)
韓国の40代を無気力にすることの一つが子どもの教育問題だ。少し勉強をしたという親も英語・数学の塾のカリキュラムの前に閉口する。

保護者の間で共有される「高級情報」にはさらに混乱する。各種教育兵法が乱舞する。「小学校の高学年なら中学校の数学を、中学生は高3の数学をマスターしなければいけない」という公式は反論を許さない決定論だ。

聞くだけでも、もしかして自分の子が先行競争で遅れをとっているのではと焦りを感じる。すでに歩んできたコースは惜しいが、遅れをとることはできない。ハングルもアルファベットも幼稚園と塾を送り迎えしながら先に教えたではないか。

その間、「先行兵法」に通達する塾は甲の中の甲になった。「先行マトリックス」に閉じ込められた保護者は子どもが育っていくほど実験室のマウスの状況に転落していった。

一人、二人と淘汰される周囲の人たちの話も伝えられる。事業が失敗して塾をやめた近所の人、家賃が上がったために引っ越しすることになった人など、母親たちの話だ。

塾に向かう子どもたちの後ろ姿にはさらに胸が痛む。胴体よりはるかに大きい完全軍装をした軍人のようだ。「お前の未来のための前進」と説明するが、こうして戦争のようにするのが正しいのか納得しがたい。

いわゆる余裕がある親たちも経済的な負担から相対的に自由であるだけで、マトリックスの中でさまようのは同じだ。親ができる唯一のことは自嘲だ。「狂ってしまいそう」という虚しい嘆き、「教育でなく教育事業の罠にはまった」と一歩遅れて分析を出すだけだ。しかしまた、自分の子どもが遅れをとることに耐えられず塾の誘惑に駆られる弱気な親に戻る。

このような現実の中で最近、チョ・ヒヨン・ソウル市教育監が出した政策の方向は目を引く。チョ教育監は「先行学習と私教育に依存しない公教育を目指す」と述べた。ハングルやたし算・引き算を習わずに入学しても小学校1年生の教室で教え、こうした教育を高学年にも広めていくということだ。

チョ教育監は「親が不安になるジレンマもあるだろうが、異常な現実を正常な教育に切り替えていく」と強調した。「先行学習効果」ではなく本当の創意性を育てなければいけないためだと理由を説明した。

その趣旨に共感しない親がいるだろうか。自分の子の無限の潜在力と創意性を塾代のために、居住地域のために死蔵させたいと誰が思うだろうか。

しかし前途は長く複雑だ。公教育がするべきことはあまりにも多い。私教育市場に対抗し、先行学習は善行でないと叫ばなければいけない。教育を装った事業の担保になった親を救出しなければいけない。親の無限の教育熱を公教育のマトリックスに戻さなければいけない。何よりも塾に奪われた弟子たちを引き戻してこなければいけない。
(引用ここまで)

 韓国の子供の頃からの先行教育は善行ではないとのコラム。
 数年前からこのこういったスペック集めが不毛だという話は韓国で何度も出ているのですよ。
 企業側も「スペックや学歴よりも人柄を見る」と何度も表明していますし、採用担当者の「スペックじゃないんですけどね」というようなインタビュー記事も山ほどあります。

 それでもスペック集めをしないと不安でしょうがないのですよね。
 子供の早期教育に関して言えば、子供があまりにも外を出歩かないので交通事故統計の数字が異常なものになるほどにやってしまっている。
 他人がやっている以上、横並びにならなければ怖くてしょうがない。人柄が同じくらいだったら次にスペックの多寡を見るのではないかと考えるのはまあ自然ですね。
 ここでいうスペックというのは学歴にかぎらず、ボランティア活動時間とか、語学留学経験とか、資格がどれけあるか云々ということになっています。

 そのスペックにも流行廃りがありまして。  以前は欧米への早期留学によるネイティブレベルの語学力がもてはやされていたのですが、最近はそうでもなくなりました。不況で欧米に留学させられない層が増えてきたということでもあるのですが。
 その代わりにフィリピンへの語学留学が増えています。

 で、最近のスペックで注目なのは「起業経験」だそうですよ。
 実態は自社サイトだけ作って「こういう業務内容でやっています」って書いたら終わりというものなんだそうですけどね。それでも法人を立ち上げることで法律にも明るいという印象を与えられるのでオススメだそうです。
 もう「なんだかな」としか言いようがないのですが。
 このソウル市教育監が言うところの「早期教育をやめても、公教育でなんとかする」という話を信じて、スペック集めをやめたら韓国では取り残されて終了なのです。

 このまま韓国で少子化が進んでいくのは間違いないので、いずれは日本のように青年層の雇用状況が好転することもあると思われますが。それまでどうするのかっていうのも問題ですし。
 おまけに「良質な雇用」が提供できる大企業は全体の2%以下
 それ以外は公務員でなければゴミみたいな雇用ばかり。
 どうあったって、スペック競争が終わるわけがないのですよ。韓国人自らが望んでそういう社会を作り上げてきたのですから。