MB 「パク大統領、私よりも国政運営がヘタだ」(世界日報/朝鮮語)
「私も(国政運営を)やってきたが、私よりもさらにできないようだ」

李明博前大統領が最近、セヌリ党議員に会ってパク・クネ大統領についてこのように語ったという。笑い話だったが、いつもの認識が込められた発言である。この議員は10日、記者と会い「前大統領は、パク大統領が国政を誤って導いているという批判的な見方が強かった」とし「特に続く検察の財閥捜査に不満を吐露した」と伝えた。

これまでパク大統領の直接の批判発言を自制してきたが前大統領がセヌリ党の総選挙惨敗で与野党逆転政局が造成され、現政府の任期残りが僅かなこともあって累積された不満を表出し始めたと思われる。前大統領は「現政権発足後、検察が何年もの企業調査をすることは、直前政権の不正を探るためでターゲット捜査では非常に間違った」と強い口調で指摘したという。

前大統領は政府が嶺南圏新空港建設の代わりに金海空港の拡張に決定したことについては「よくやった」と好評した。前大統領は在任中、金海空港の拡張を決定したいたが、双方があまりにも激しく対立するなど、政局状況が不如意で単眼を下げなかったことについて、物足りなさを示したと議員は伝えた。

李明博政府は釜山加徳島と慶南密陽二候補地の実現可能性調査と「立地評価委員会」の評価ですべて不適合の結果として出てくる新空港白紙化を公式発表した。当時、李大統領は「国民のための避けられない選択だった」と国民への謝罪をした。
(引用ここまで)

 イ・ミョンバクがパク・クネを批判。
 うーん、丙丁つけがたい……。

 韓国の政権後退というのは多分に易姓革命の側面が強いので、パク・クネは大統領選の時点ですでにイ・ミョンバクを批判していました。
 「同じセヌリ党だけども、イ・ミョンバクと私は大きく違う。財閥の横暴を止めてみせる」というように、財閥となあなあだったイ・ミョンバクを批判し続けて当選したという部分が大きいのです。

 2014年には「公社負債を500兆ウォンも増やした主犯だ」って吊し上げをしていましたね。
 それに対してイ・ミョンバクは回顧録を出版して「いまの大統領はなにも分かっていない」って反論をしていましたっけ。この回顧録の日本語版がほしいのだが、まあ出版はされないわな……。

 最大の問題はパク・クネ政権がロッテ財閥に対して捜査の手を差し向けていることでしょうね。
 イ・ミョンバク政権は特にロッテ財閥となあなあだったことはよく知られています。
 第2ロッテワールドは空軍機にとって危険性が高いということで許可されなかったものが、イ・ミョンバク政権になると同時に許可が下りるというようなこともありました。
 そのロッテに対して創業者もその娘も、そして現会長までも捜査されているという状態。
 イ・ミョンバクとしてはそれが気に入らないのでしょう。最悪、しっぽを掴まれる可能性もありますしね。

 韓国人ネチズンによるコメントも「ロッテが捜査されているからだろ」ってものであふれています。
 ま、分かりやすすぎます。

ロッテのおもちゃ!(9)<ロッテのおもちゃ!> (電撃コミックス)
葉賀 ユイ
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
2014-03-15