【記者の視点】コ・ウンと春樹の違い(朝鮮日報/朝鮮語)
ノーベル文学賞の季節が帰ってきた。高銀詩人がまた候補と呼ばれて出てきた。同時に彼に向かって皮肉も開始された。10年以上支払う毎年恒例のイベントだ。国外のギャンブラーたちはブックメーカーサイトを介してノーベル文学賞候補を予想した後、配当をかけて順位を発表する際に、コ・ウン詩人はおおよそ10位圏に上がっているからである。スウェーデンアカデミー側が候補を正式に公開していないために、コ・ウン詩人が実際に対象に上がったのか知ることができない。ギャンブル的予見によると、今回も受賞の可能性は大きくない。ネチズンらはすでに高銀に向かって「スパーリングパートナー」「職業的万年候補」と皮肉を開始する。受賞者発表日に合わせて自宅に取材陣が集まるバカ騒ぎを避けるために、今回コ・ウン詩人は、外国に滞在する予定だという

高銀は悔しいだろう。毎年候補として選出されて連戦連敗しているからである。ノーベル文学賞受賞が完全に作品性を保証するものでもない。政治的力学関係などが考慮されるからである。 2012年にノーベル文学賞をとった中国小説家莫言も「ノーベル賞受賞者が必ずしも最も優れたものではない」と断言していたではないか。 「ノーベル賞の渇望は、変形された西欧中心主義の発露」と露骨に非難する韓国作家もいる。しかし、韓国の「ノーベル賞恋煩い」は、5月小説家漢江のブッカー賞受賞時に端的に明らかになった。メディアでも出版社も受賞の知らせの前に 「ノーベル文学賞とともに、世界3大文学賞に数えられる」という修飾語をつけた。これは、「ブッカー賞」の受賞ではなく、「ノーベル文学賞にも劣らないブッカー賞」を受賞ということであったのだ。
(引用ここまで・太字引用者)

 ついにコ・ウン詩人はノーベルウィークに海外脱出。
 やむを得ないところでしょう。これで市庁舎も「ノーベル文学賞ノミネートおめでとう!」というプラカードを出さないようにしてくれたらいいのですけどね。
 まあ、どうせ先日と同様に滞在先に追いかけていって「どうですか、ノーベル文学賞は」みたいな話をするのでしょうけども。
 近所の人に迷惑をかけないで済む分、多少は気が楽なのかな。

 後半のブッカー国際賞受賞時の大騒ぎはこちらのエントリでちらと扱っています。翻訳者との同時受賞だったのですが、その翻訳者が「韓国人のノーベル文学賞への執着は理解不能です」と呆れたというお話。

 あとついでに……

 ・「韓国人がノーベル文学賞を受賞できないのは韓国語があまりにも優秀だから
 ・「ノーベル委員会は韓国語を学べばノーベル文学賞を与えるようになるはずだ

 の2本もご覧ください〜。んがくっく。