韓国、セウォル号遺族らが政府を提訴「真相究明は終わらない」=韓国ネット「また始まった」「遺族らはいつまで苦しむ?」(レコードチャイナ)
2016年10月17日、韓国・ニューシスによると、韓国政府が14年4月に起こったセウォル号惨事を調査している「4・16セウォル号惨事特別調査委員会(特調委)」の活動期限を9月30日と通知した中、これに反発する特調委所属の調査官らが韓国政府を相手に「公務員の地位確認及び報酬支給請求」訴訟を起こし、活動期間について裁判所の判断を受けることにした。

17日午前11時ごろ、特調委所属の調査官ら42人はソウル市内で会見を開き、「政府は特調委の活動期限に対する法的根拠を明らかにしなかった。セウォル号特別法によると、特調委の活動期間は『構成を完了した日から1年6カ月』であり、まだ6カ月ほど残っている」と主張し、「調査活動が途中であるにもかかわらず、一方的に終了を告げた政府の決定を受け入れられない」と訴えた。

特調委の調査官らは政府が活動期間終了を通知した後もソウル市内の事務所に出勤して業務を進めてきたが、政府は6月30日以降、これに対する報酬及び特調委への支援金を一切支給していない。
(引用ここまで)

 9月末にセウォル号惨事特別調査委員会が解散させられまして。
 韓国政府としては真相究明はこれにて終了としたい。
 というか、期日がきたので解散したというだけなのですが。相変わらず遺族会はそれを認めようとしない。

 特別調査委側は「まだ3月までは任期のはずだ」って主張して、韓国政府を訴えていると。
 「任期を3月までと認めろ、それまでの給料も払え」とごねている。

 そういえば「真相が明らかになるまで未来永劫特別調査委員会を存続させろ」というのも遺族会の要求のひとつでしたね。
 ハンストでの要求項目のひとつでした。
 「真相」がいくら提示されようとも、彼らが納得しなければ特別調査委が存続し続ける。つまり、彼らは報酬を得続けて、遺族会は未来永劫被害者でいられる。

 ほら、加害者と被害者の関係は1000年経とうと変わらないって言い放った国家元首がいたじゃないですか。
 あれのプチバージョンですね。
 慰安婦騒動のプチバージョンでもあるわけですが。

 こういう連中のボスバージョンが挺対協なわけです。そりゃま、韓国政府も持てあますし、日本政府も相手にしたくなくなりますわな……。

韓国人による沈韓論 韓国人による恥韓論シリーズ (扶桑社BOOKS新書)
シンシアリー
扶桑社
2014/8/29