「影の実力者」の娘チョン・ユラさん「親を恨め、カネも実力だ」(朝鮮日報)
「影の実力者」の娘に裏口入学疑惑、梨花女子大学総長が辞任(朝鮮日報)
朴槿恵(パク・クネ)政権の「影の実力者」と言われていたチョン・ユンフェ氏(61)と、故・崔太敏(チェ・テミン)牧師(大韓救国宣教会総裁)の娘チェ・ソウォンさん(60)=2014年2月にチェ・スンシルから改名=の間に生まれたチョン・ユラさん(20)が、2014年末、梨花女子大学体育教育科の乗馬特技生に合格した時、フェイスブックの自身のアカウントに書き込んだ文がインターネット上で批判を浴びている。

 ユラさんは14年12月3日未明、「能力がないならお前の両親を恨め。うちの親のことでつべこべ言うんじゃない。カネも実力だよ。文句があるなら種目(乗馬)を変えなきゃ。他人の悪口ばかり言っているから、何をしても成功なんてしないだろうね」とフェイスブックに書き込んだ。また、「(私は)馬に乗る人たちの中で親しい人なんていない。私と親しい人はたった4人。お前らはただあいさつ程度の関係。何をいまさらビョーキをこじらせて大騒ぎしているんだよ。私をなめているの? 私があいつらに悪口を言えないから言わないと思っているの? 遊んでやるのももったいないようなやつらを相手にするのがくだらなくて言わないんだよ」とも書いた。

 ユラさんがこれを書いたのは、梨花女子大学の随時体育特待生選考試験に乗馬特待生として合格してから1カ月ほどたった時だ。この当時もユラさんは大学合格だけでなく乗馬の韓国代表選抜過程で特別待遇を受けたのではないかという疑惑が取りざたされていた。

 ユラさんは14年3月に乗馬の韓国代表に選ばれ、同年9月16日に梨花女子大学に入学願書を提出した。そして、9月20日にアジア大会馬術団体戦で金メダルを獲得した。ユラさんは10月18日に梨花女子大学入試面接を乗馬服姿・金メダル持参で受けた。梨花女子大学の募集要項には受賞考慮基準が「願書締切日前の3年間」と明記されていたが、ユラさんが金メダルを取ったのは随時願書締切日(9月16日)の4日後だった。募集要項とは違い、金メダル獲得時期をずらして適用してもらったことになる。これについて梨花女子大学は「当時の特待生選考の趣旨に照らし合わせ、(ユラさんの)金メダル獲得は評価に含むべきだと判断した」と釈明した。「入学・単位で特別待遇を受けていたのでは」という疑惑が先月26日に報道されると、ユラさんは翌27日に休学届けを出してドイツに渡った。
(引用ここまで)
 朴槿恵(パク・クネ)政権の「影の実力者」と言われていたチョン・ユンフェ氏(61)と、故・崔太敏(チェ・テミン)牧師(大韓救国宣教会総裁)の娘チェ・ソウォンさん(60)=2014年2月にチェ・スンシルから改名=の間に生まれたチョン・ユラさん(20)の裏口入学などをめぐる疑惑がさらに膨らんでいる。梨花女子大学の崔京姫(チェ・ギョンヒ)総長は19日、チョン・ユラ氏の入学や単位認定に特別な配慮が行われた疑惑をめぐる学内での混乱の責任を取り、総長を辞任することになった。先月27日に問題が表面化してから23日目での辞任だ。一方でチェ・スンシル氏が韓国とドイツにペーパーカンパニーを設立し、大手企業から集めた資金を私的に流用した疑惑も膨らんでいることから、政界では「チェ・スンシル疑惑はこれから」との声も出始めている。これまでこの問題を深刻に受け止めてこなかった大統領府の関係者らも「ここ数日で雰囲気が大きく変わった」と認めた。(中略)

 大統領府の関係者は「チェ・スンシル氏と娘のチョン・ユラ氏、そしてKスポーツ財団とミル財団の運営をめぐる問題について、大統領府は状況を把握する立場でもないし何らかのコメントを出すこともない」「ただし事態の推移に注目しているのは事実だ」とコメントした。
(引用ここまで)

 後半の記事はKスポーツ財団とミル財団についてのメモ書き。
 このエントリでメインは前半のものとなります。

 「能力がないならお前の両親を恨め。うちの親のことでつべこべ言うんじゃない。カネも実力だよ」とのフェイスブックでの発言。
 ま、普通に本音でしょうね。
 2014年の春頃であれば、まだ「金の匙・土の匙」は流行語になっていなかったので使っていないというだけで、いまであれば「私は金の匙をくわえて産まれてきた人間なのだからおまえたちとはまったく違う人種なのだ」というくらいのことは言ってのけたでしょう。
 もうひとつの「犬や豚」発言であり、もうひとつのナッツリターンであるわけですよ。

 なにしろ、チョン・ユンフェといえば大統領府に潜む陰の実力者。
 例の7時間でパク・クネと一緒にいたのではないかとされている例の人なのです。
 なんの権力もないはずなのですが、人事や政策に介入してきたのではないかとされている。
 そもそもパク・クネの秘書室長を務めており、それ以前は江南で日本食レストランを経営していて大成功を遂げた人物。

 そんな人物の遅くになってからの娘ですから。
 そりゃまあ我がまま放題に育っていることでしょう。このくらいのセリフが出ても当然というものでしょうね。

 韓国社会はこの娘に対してなんらかの罰を与えることができるのか。
 財団疑惑に関しては「大統領の非公式な側近」 を裁けるのかってあたりが注目点です。
 パク・クネが大統領戦から言い続けてきた「非正常の正常化」を行うことができるのか、ということなのですが。 

こっちにも飛び火してたよなぁ……。
なぜ私は韓国に勝てたか 朴槿惠政権との500日戦争
加藤達也
扶桑社
2016/2/2