スマホ爆発:iPhone 7も世界各地で爆発か(朝鮮日報)
 『7 NEWS』などオーストラリアのメディアの報道によると、シドニー在住のサーフィン・インストラクター、マット・ジョーンズさんは20日(現地時間)、「車の中に置いていたiPhone 7が爆発し、車の一部が燃えた」と訴えた。ジョーンズさんは「1週間前に買ったiPhone 7の上に服を掛けてサーフィンを教え、戻ったところ車内に黒い煙が充満していて、服が燃えていた」と語った。そして、燃えて完全に溶けたiPhone 7を撮影した動画も公開した。地元メディアは「iPhone 7のバッテリーが熱にさらされて火が出た可能性がある」と分析している。これについて、米国の情報技術(IT)専門メディア「フォン・アリーナ(Phone Arena)」は「正確な調査結果が出るまでiPhone 7の購入を先送りするのも賢明な方法だろう」と報じた。

 米国や中国でもiPhone 7が爆発したという訴えが相次いでいる。「kroopthesnoop」というIDの米国人ネットユーザーは先月28日、ソーシャル・メディア「reddit」に燃えたiPhone 7プラスの写真をアップし、「職場の同僚が予約注文したiPhone 7を受け取り、包みを開けたところ、このような状態だった」と、発送の過程でiPhoneが爆発したと主張した。また、中国・河南省鄭州市に住む男性は今月2日、iPhone 7を使っていたところ、突然「ポン」という音と共に同製品が真っ二つになり、破片が顔に当たってけがをしたと訴えている。アップルでは3件の事故について調査中だが、まだ正式なコメントは出していない。
(引用ここまで)

 サムスンのギャラクシーノート7だけが爆発しているわけじゃない、iPhone7だってこうやって燃えているとか爆発しているっていう報告があるだろう、ということなのですが。
 まあ、実際にこういう事故もあるでしょうね。
 現状のリチウムイオン充電池を搭載した製品、特にスマートフォンにはあり得る話です。

 たとえば落としてしまって衝撃を与えた、あるいは尻ポケットに入れたままで座ってしまった。
 そういった目には見えないていどの応力が与えられただけでも薄型のリチウムイオン充電池にダメージがいったのであれば、こういった事故が起こりえるのです。
 それがiPhoneであろうとXPERIAであろうと、一定の数が出ている製品であればこういう事故は何件か起きるものです。

 なので、当初はギャラクシーノート7の話もそういう類のものだろうなぁと思っていたのですが。
 なにしろ頻度、件数が違いすぎる。
 CPSCに最初のリコールを届け出た時点で発売から1ヶ月、100万台ていどのものが90件以上発火発煙爆発している。100万台はおそらく出荷数なので販売台数はもっと少ないと思われますが、実際の数字はわからないのでここでは100万台としておきましょう。
 率としては1万台に1台、0.01%ていどの確率で発火等の危険な自体が起きている。
 これまでのスマートフォンではありえないものなのですよね。

 韓国メディアとしてはこの数件のiPhone7の「爆発事故」もあるだろう。ギャラクシーノート7だけじゃないんだということにしたいのでしょう。
 まあ、正直なところ無理筋です。

異世界はスマートフォンとともに。1 (HJ NOVELS)
冬原パトラ
ホビージャパン
2015/5/22