「“日帝残滓”の制服、これからは韓国美まとったものを」(中央日報)
先月31日、江原道横城郡(カンウォンド・フェンソングン)の民族史観高等学校講堂。チョゴリ(韓服の上衣)・チマ(巻きスカート)からトゥルマギ(韓国外套)までさまざまな韓服の制服51点が展示されていた。休み時間を利用して講堂にやって来た生徒たちは、服を触ったり試着したりした後、自分が気に入ったサンプルに票を入れた。

この日の行事は同校が開校20年で初めて韓服の制服のデザインを変更するために設けられた展示会だった。「着映えがするように体の形に沿わせてデザインしたところ、女子生徒に特に人気のようですね」。 (中略)

「子供が民族史観高等学校の生徒なのだが、今回学校で制服のデザインを変更するとのことでぜひ力を借りたい、との要請を受けました」。

キムさんは「誰しも一番よく思い出すのが高校時代ではないだろうか」とし「生徒たちの心の中に韓国の衣装に対する自負心を芽生えさせたかった」と話した。 (中略)

キムさんは「他校でも制服を韓服のデザインに変えたいという問い合わせが入ってきている」とし「日帝時代の文化の残滓として残っている制服デザインを韓国的なものに変える仕事はこの先も続けていきたい」と話した。
(引用ここまで)

 どうもこういう「民族的自尊心として正しい○○」というのは胡散臭い。特に韓国の場合。
 「○○は倭色」だの「日帝残滓」だの本当に怪しげなものばかり。
 その最たるものが「日本が韓民族の精気を削ごうとして地脈に鉄杭を打ち込んだ」ってアレ。
 金泳三が国家事業として探して抜こうとしていて、その事業がはじまったと同時に国家破産してIMF管理下に置かれたっていうオチがついていますが。

 自分がデザインした制服を着るべきだ。なぜならこれは「民族的に正しい制服」だからってことですからね。  利権を自分のほうへ有利に有利に持っていこうとしているのが目に見えているというか、鼻につく。

 その一方で「いいものだったら自然と広まる」なんてのは子供の戯言ですけどね。
 知られていないものは存在しないのと一緒なので。

 しかし、これだったら「これなんてエロゲの制服?」って言われてたアンドレ・キムデザインの制服のほうがまだよいですわ。
 あれはあれでコスプレ感ありすぎでしたけどね(笑)。
 あれでスカートがチェック柄だったら「同級生3」とかいわれても違和感なかったほどでしたよ。

同級生2