ソウル市「光化門に朴正熙元大統領の銅像認めない」(中央日報)
一部保守団体がソウルの光化門(クァンファムン)広場に朴正熙(パク・チョンヒ)元大統領の銅像設置に乗り出したのに対し、ソウル市が反対の立場を示した。

「朴正熙元大統領誕生100周年記念事業推進委員会」は2日に「光化門広場に朴元大統領の銅像を設置する」と明らかにし議論を呼んだ。

崔順実(チェ・スンシル)ゲートで朴元大統領の娘である朴槿恵(パク・クネ)大統領に対する批判世論が深刻な状況で銅像を立てるのが正しいのかという指摘が提起された。

これに対しソウル市都市再生本部関係者は「光化門広場に朴正熙元大統領の銅像を立てるのは広場を作った趣旨から外れる」と明らかにした。同関係者は「市民の支持がなければならない側面もある」と説明した。

光化門広場に造形物を設置するにはまずソウル市開かれた広場運営市民委員会の審議を経なければならない。

委員会は昨年報勲処が推進した光化門広場内の大型太極旗設置を否決したりもした。

当時報勲処は行政協議調停委員会に調停を申請するなどの努力を傾けたが、結局断念に追い込まれた。
(引用ここまで)

 現在のソウル市長はパク・ウォンスン。
 極左です。
 どのくらい極左かというと、「女性国際戦犯法廷」で検事をやっていたくらいに極左。ウルトラスーパーデラックス極左。
 親北反日。なんだったら反韓国。

 そんな人物が首長をやっている自治体で、保守の神様といってもいいような朴正煕の銅像をソウルの中心地に建てることを許すのかって話ですね。
 それも光化門広場。
 つまり、世宗やら李舜臣と同じ場所に設置されるのですよ。ついでにいえば、セウォル号遺族会と同じ場所でもありますが。

 極左の首長が、保守側の独裁者に対して英雄扱いを許すのかということなのです。
 今回のパク・クネの問題どうこうではなく、朴正煕の英雄扱いを根本的に許さないだろうってことですね。

日本の心は銅像にあった (扶桑社BOOKS)
丸岡 慎弥 / 渡部 昇一
扶桑社
2015/6/29