[インタビュー]「上海の『韓中平和の少女像』も日本の圧力によって撤去の危機」(ハンギョレ)
「先月、韓国と中国そして米国、ドイツの市民社会の協力で中国上海師範大学の校庭に建てられた『韓中平和の少女像』が、日本政府の執拗な撤去要求に悩まされている。上海市当局は少女像の撤去または室内への移転を求め圧迫している。少女像の設置を主導した上海師範大学の蘇智良教授と中国慰安婦問題研究センターや学生などが日本と中国当局を批判し抗議しているが、このまま行けば室内移転の結論が出る可能性が高い」

 9月から中国慰安婦問題研究センター(所長・蘇智良)の客員研究員として上海に滞在しているユン・ミョンスク博士(55)は「少女像の室内移転はすなわち日本に屈服することであるため、少女像の建立に参加した京畿道華城市(ファソンシ)など韓国の市民社会もこれを守る運動を応援してくれるよう願う」と伝えた。 (中略)

 日本側の露骨な撤去圧力は、少女像の除幕式前日から始まったとユン博士は伝えた。「10月21日午後4時頃、上海の日本総領事館から蘇智良教授に直接電話があり、設置しないでほしいと要請された。上海には日本企業も多いので両国の交流協力にも良くないという趣旨の話もされた」。蘇教授は「何も返事をしなかった」という。 (中略)

 現地と日本のメディア報道を総合すると、10月22日午前に少女像の除幕式が開かれると、その日の午後日本の外務省が東京の中国大使館に少女像の撤去を要請し、中国の日本総領事館も上海師範大学に少女像の撤去を要請する電話をかけた。その後から中国政府側の圧力がさまざまな経路を通じて入ってきた。「22日午後から中国外交部は上海市人民政府の外事事務所に連絡し、上海市人民政府はまた上海市教育委員会に、そして上海市教育委員会は上海師範大学に連絡をした。最初は少女像に幕をかぶせて人目につかないようにするよう言った。しかしすぐに要求内容が少女像の撤去に変わった。その後、11月10日頃からは再び少女像を博物館内部に移動させよという要求に変わった」

 これに反発した中国人たちの要求で、中国外交部はブリーフィングを通じて強硬な態度で繰り返し原則的な立場を明らかにしている。「しかし実際には、中国当局の公式な対外反応と内部の対応は異なり、二重的だ」
(引用ここまで)

 フライブルクでの設置拒否に続いて、上海での「双子の慰安婦像」も撤去の圧力がかかっているとのこと。
 一応、外務省も仕事をしているようです。
 海外、特に欧米では慰安婦合意によって日韓間の問題としての慰安婦問題は「最終的かつ不可逆的に解決された」という文言は効いているのは間違いない。
 でも、中国はそういった約束というような価値観では動いていない。そもそも動かない。
 ではなにがきっかけなのかと考えてみると、思い当たる部分があります。

 中国はそもそも韓国側の「ハルビン駅に安重根記念碑を作ってくれ」という依頼に対して、安重根記念館を作ってしまうという反日の蜜月ぶりだったのですが。
 韓国がTHAADミサイルを配備することを決めてからこっち、どうやらアメリカ側に寝返ったという判断をしているようです。
 その裏切り者に対しての報復が韓国芸能人の活動締め出しであり、この慰安婦像の屋内への移転であるという感じではないでしょうか。
 一連の動きに見えるのですよね。

 日本に対しては反中国であることはしょうがない。でも、韓国が再び寝返って日米側に向かうことは許さない。
 そういった決意が見えているように思えます。

中国大動乱の結末 混乱が止まらない経済・政治・社会を現地から驚愕レポート邱海涛
徳間書店
2016/10/28