慰安婦資料は「ホロコーストをねじ曲げ」 記憶遺産申請で カナダ・ユダヤ人友好協会がユネスコに意見書(産経新聞)
「慰安婦性奴隷と主張、根拠はない」...カナダのユダヤ人協会、ユネスコ意見書提出(ニューシス・朝鮮語)
 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」(記憶遺産)に登録申請された慰安婦に関する文書について、カナダのトロントにある「カナダ・イスラエル友好協会」が「申請者はホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の意味をねじ曲げている」と批判する意見書をユネスコに送付していたことが23日、分かった。意見書は、ユネスコが一部加盟国の「政治的道具になった」とした上で、「性奴隷」「慰安婦20万人」の主張は裏付けを欠くと指摘している。

 ユネスコへの登録申請は、日本や中国、韓国など8カ国・地域の14市民団体で構成される国際連帯委員会が中心となって行った。登録申請書は慰安婦制度について、「ホロコーストやカンボジアの(旧ポル・ポト政権による)大虐殺に匹敵する戦時中の惨劇だ」と主張している。

 これに対し、友好協会幹部のユダヤ人、イラナ・シュナイダーさんら3人が署名した意見書は「ホロコーストに匹敵するものはなかった」とする元駐日イスラエル大使のエリ・コーエン氏の指摘を引用して反論。その上で、「中国によるチベット侵略の方がホロコーストの概念により近い」とし「もっとひどいのは文化大革命だ」と強調した。

 また、慰安婦問題が東京裁判でも問題にならなかったことや、米当局の調査でも慰安所で働いていた女性のほとんどに給与が支払われていたなどとして「性奴隷説」が証明できていないと指摘した。

 1991年まで慰安婦の存在が世界に知られなかったのを、アジアで「女性の性」がタブー視されていると説明した登録申請書は「説得力がない」と一蹴。慰安婦問題は経済力を持つようになった中韓が反日感情をあおるための「道具の一つだった」と解説した。
(引用ここまで)
 自国に負い目がある国ほど、南京大虐殺や慰安婦は性奴隷だったというようなでっち挙げに乗っかってくるのです。
 アメリカは原爆の残虐性を薄れさせるために。
 中国は自軍のふがいなさを隠し通すために。
 韓国は反日のシンボルとして国をまとめるために。

 あえて韓国の口車に乗っかって、『日本の戦争犯罪』を叩くことで自国の問題から目を逸らさせようという話ですね。
 それが冷戦後の世界において、うまくはまってしまったという部分があると考えています。
 米ソの対立が終わったあとの新たな(そして穏当な『敗戦国』の)戦争責任を対立軸として用いられて、日本はスケープゴートとされた側面が小さくないのです。
 実際にはこういう「小さな対立軸」をいくつも作っていった、ということなのですが。まあ、このあたりはまた語ることがあれば。

 というわけでポスト冷戦の世界で「慰安婦」や「南京大虐殺」が取り上げられるようになった、と。その中で道化を演じさせられたのがアイリス・チャンで、自ら食い扶持のために演じたのが吉田清治であると認識をしています。
 この構造に触れている人がいないのが以前から不思議だったのですが、うちが寡聞であるかだけでしょうかねぇ……。
 あるいはこの考えかたがまったく的外れなのか。

 ポスト冷戦の軛から逃れられるようになって、この記事にあるような判断ができるようになってきた外国人も増えてきている、というようなところまできていると思います。
 ただ、20年間かけて積もりに積もってきた慰安婦問題の誤解を一気に解決することは不可能です。日本はポスト「ポスト冷戦」(うわ、語感がださすぎる……なんかいい用語ないか)時代に向けて、歴史修正主義ではないことをアピールしつつ、うまくアナウンスする手段を模索していく必要があるのですね。

 というようなことを4〜5年くらい前に考えていたことがあって、ちょっとまとめておきたかったので書きました。
 ポスト「ポスト冷戦」時代の本格的な幕開けはオバマ大統領の広島訪問だったかもしれないなー。

 ニューシスのほうは韓国人のコメントを見てみたかったのですがほとんどなかったですね。
 というかただの産経の引用記事で、その引用記事であってですらこの1件だけでした。韓国的にはまずいのでしょうね。こういう話が広まることは。

そのポスト「ポスト冷戦」時代でロシアは「偉大なる中堅国」として存在感を増すかもしれない。
プーチンはアジアをめざす 激変する国際政治 (NHK出版新書)
下斗米 伸夫NHK出版
2014/12/11