雰囲気が変わった…非関税貿易障壁を日増しに高くする中国(中央日報)
中国が高高度防衛ミサイル(THAAD)システムの韓半島(朝鮮半島)配備決定に反発し韓流と中国人観光客の制限に続き貿易規制にも乗り出している。

匿名の北京高位外交消息筋は28日、「韓流制限と韓国行き中国人観光客縮小とともに貿易規制も発生している。中国当局は明確に明らかにしていないが、業界ではTHAADの影響と認識している」と話した。同消息筋はこの日中央日報の「韓国に行く中国人観光客20%減らせ」(本紙10月25日付)、「韓国ドラマ・映画・芸能放映禁止」(本紙11月21日付)の報道に対し、「中国当局は公式文書を出していないが、業界を通じ事実と把握された」と確認した。特に「韓国産砂糖に対しセーフガード(緊急輸入制限措置)発動と太陽電池材料であるポリシリコンに対するアンチダンピング再調査着手、食品・化粧品に対する通関拒否急増など、韓国に対する非関税障壁が高まっている」と懸念する。

貿易の現場では対応策作りに乗り出している。ソウル・禾谷洞(ファゴクドン)の化粧品卸売流通団地で会ったある中国人行商人は「化粧品は通関手続きがますます厳格になり通関物流を代行する物流業者を通じて中国に持っていく。代行業者を通せばそれなりに通関が容易だったが、最近はコンテナをまるごと奪われるケースもあり、当分化粧品の購入自体自を減らすだろう」と話した。

韓国貿易協会が24日に発表した報告書も中国の非関税障壁が高まっていると指摘した。報告書によると今年に入り9月まで中国税関が韓国の食品・化粧品輸入通関を不合格にした件数は148件で、台湾に続き2位を記録した。2014年から今年9月の場合、韓国製品の輸入不許可件数は542件で台湾と米国に続き3位だった。 (中略)

北京の消息筋は「中国は韓国に簡単に衝撃を与えられる韓流・観光・人的交流・文化産業規制に集中しているが、貿易分野にも規制を拡大する傾向だ」と話した。彼は限韓令(韓流制限令)について、「中国が独自に知的財産権を持つ放送番組が昨年の30%水準から最近は70%を突破した。オリジナル韓流に固執するよりは現地化した番組を開発し、中国依存度を低くして市場を多角化し、影響が最小化されるよう賠償条項を契約に盛り込まなければならない」と助言した。

観光については「来年4月まで中国人団体観光客を20%縮小するようにとの口頭指示にもかかわらず、個人観光客の増加で今年の中国人観光客訪韓目標である800万人達成には問題ない。安物観光国の汚名を脱却する機会にしなければならない」と強調した。
(引用ここまで)

 中国の基本方針ですね。
 まつろうものには褒美を与え、そうでないものには罰を与える。
 フィリピン、台湾、日本がやられてきたことですね。フィリピンではバナナが溢れるほどに余り、台湾では民進党政権樹立後にさまざまな制裁を行い、日本にはレアアースの輸出規制をした。
 輸出規制したつもりが新技術開発にブーストをかけただけに終わったというところが日本らしいオチでしたが。

 特に韓国の場合、中途半端に中国へのシンパシーを示してしまったことが余計に始末が悪い。もう中国側としては朝貢国であるという認識がされていた
 習近平、プーチンと共にパク・クネが天安門で同じフレームに収まったとき、その序列は決まっていたのですよ。少なくとも中国の中では。
 そこから歴史問題で共闘していたはずの日本を相手に慰安婦合意を結ぶ。さらにはTHAADミサイルを配備する宣言をしてアメリカ側に戻るような見せている。
 その相手に制裁を加えずしてどうするのかと。
 ここで制裁を躊躇するようであれば、他の朝貢国から舐められるわけですから。中国側も退くわけにはいかない。

 チベットのように「解放」されていないだけマシだと思うべきだと思うのですが。
 ま、現状では地続きではないので、韓国国民解放のために人民軍が送られるようなことは当分ないでしょうけどね。

東アジア動乱 地政学が明かす日本の役割 (角川oneテーマ21)
武貞 秀士
角川学芸出版
2015/1/15