日本の官房長官「慰安婦問題の再交渉はない……合意遵守しなければ」(聯合ニュース・朝鮮語)
安倍晋三首相の側近である萩生田光一官房副長官は11日、朴槿恵大統領の国会弾劾による職務停止にもかかわらず、両国間の慰安婦の合意は遵守されなければならないと明らかにした。

共同通信によると、彼はこの日のフジTVに出演した席で「誰が大統領になっても『もう一度(交渉を)再びしよう』という要求は、対応するつもりはない」とし「当然(合意を)遵守しなければならないと考える」と言った。

萩生田副長官は先月締結した韓日軍事秘密情報の保護協定(GSOMIA)についても再検討する考えはないと強調した通信は付け加えた。
(引用ここまで)

 いわゆるネチズンのコメントが2000近くありまして。
 そのほとんどが「弾劾されたパク政権のやった合意なんて守る必要がない」というものになっていますね。
 「日本将校の娘のやったことだ」「再交渉ではなく、一方的破棄だ!」「親日政府と合意したものが合法だと?」とかやっています。
 いまは「ろうそくデモで世界4大革命を成し遂げた!」っていう高揚感が韓国人を包んでいるのでしょう。

 次期政権を担うであろうと目されている野党第一党の共に民主党代表も「慰安婦合意中断を要請する」という話をしています。
 こちらは土曜日のニュース。

慰安婦問題「合意中断を要請する」韓国野党(日テレニュース24)

 おや、野党代表は「慰安婦合意の破棄」を求めているのではないのですね。
 「合意の中断を要請」ですか。実に微妙なニュアンスに変わってきました。
 以前は合意破棄だったのですが……これは政府から合意の実際を聞かされてしまったのかな。破棄できないということが分かってしまったのかもしれません。

 ああやって全世界に向けて外相同士が記者発表したことをそう易々と破棄はできない、ということにようやく気がついた、といったところでしょうか。
 アメリカ、イギリスをはじめとして世界から「慰安婦合意を歓迎する」というコメントがあったものを覆すことができるのか、ということが問われているのですが。

韓国は裏切る(新潮新書)
室谷克美
新潮社
2016/4/16