平昌五輪開催地の江原道 外国人観光客の取り込みに本腰(聯合ニュース)
 冬季五輪のフィギュアスケートとスピードスケートのショートトラックの会場となる江陵アイスアリーナで16〜18日、ショートトラックのワールドカップ(W杯)第4戦を兼ねたテスト大会が開催されることを受け、江原道は東南アジア6カ国のメディアや旅行業界の関係者約90人を招いた。関係者らは競技を観戦するほか、江原道の観光地の取材や視察を行う。

 江原道は大会を観戦する外国人観光客のためにソウルと江陵を結ぶシャトルバスも運行する。
(引用ここまで)

 記事はどうでもよくて。
 このアイスアリーナの中央部分に人がいる写真を見るとちょっとどきどきしますね。
 なにしろたった3週間前に電光掲示板が落下した場所ですから……。
 画像で見ても、若干中央部分が荒れているような。

 まあ、ショートトラックはリンクの中央部分は競技に使わないので、それほど危険性はないのかもしれませんね。
 ……ないといいなぁ。
 平昌の本番でも少なくとも笑って終われるくらいの事故であってほしいと思うのですよ。事故があることはもう前提になっているのですが。

事故がなくならない理由 安全対策の落とし穴 (PHP新書)
芳賀繁
PHP研究所
2012/9/14