女優ソン・へギョ、上海の尹奉吉記念館にハングルの案内書1万部寄贈(亜州経済)
女優ソン・へギョがソ・ギョンドク誠信女子大学教授と共に12月19日の尹奉吉(ユン・ボンギル)義士逝去日を迎え、中国の上海にある尹奉吉記念館にハングルの案内書1万部を製作して寄贈した。

案内書には尹奉吉義士の生涯、虹口(ホンキュー)公演の義挙、日本での殉国、尹奉吉義士の対外的な影響、記念館に関する全般的な内容などが詳しく紹介されており、今日(19日)から無料で提供される。

製作を後援した女優ソン・へギョは“いくら中国にある大韓民国の歴史遺跡地とはいえ、ハングルの案内書がまだないところがある。このような小さなこと一つが国内外の訪問客の誘致に少しでも役に立ってほしい”と話した。

一方、ソ・ギョンドク教授とソン・へギョ二人はこれまでソ教授の企画で重慶(チョンチン)臨時政府庁舎、米国ロサンゼルス島山安昌浩(アン・チャンホ)ハウス、日本ウトロ地区など、海外の韓国歴史遺跡地12ヵ所とニューヨーク近代美術館(MoMA)、ボストン美術館、トロント博物館(ROM)など、政界的に有名な美術館や博物館にハングル案内書を製作して寄贈してきた。
(引用ここまで)

 三菱自動車中国法人からのCMオファーを断って、「概念のある芸能人」との二つ名を欲しいままにしているソン・へギョですが。
 その直後に中国で韓流制限が行われることになろうとは思わなかったでしょうね。

 そのソン・ヘギョがユン・ボンギルの記念館が上海にあって、そこにハングルのパンフレットを寄贈したと。
 上海はユン・ボンギルが爆弾テロを成功させた場所ということもあって、設立されているのでしょうね。安重根記念館と同じ経緯なのかなぁ……。

 中国で活動がろくにできなくなった以上、韓国での活動に専念するしかないので愛国者アピールに必死なのでしょうけどね。
 ユン・ボンギルに関してなにかやるんだったら上海の記念館をどうこうじゃなくて、もはやなにがなんだか分からないものに成り果てている生家を改造した韓国にある記念館をどうにかすればいいのに。

 まあ、パンフ(リーフレット)1万部なんてタダみたいな値段でできるので、アピールにはちょうどよいのでしょう。

「テロリスト」としての安重根の研究本。
愛国者がテロリストになった日 安重根の真実
早坂 隆
PHP研究所
2015/4/13