平昌冬季五輪記念銀行券公開…ネットユーザーは憤怒(中央日報)
平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックを記念した銀行券のデザインに対しネットユーザーの批判が続いている。

韓国銀行は16日に「2018平昌(ピョンチャン)冬季五輪記念銀行券」を公開した。公開された写真は韓国初の記念紙幣で、2017年10〜12月期に発行される予定だ。金額は2000ウォン券だ。

紙幣の表面には冬季五輪7種目(スピードスケート、アイスホッケー、バイアスロン、ボブスレー、カーリング、スキージャンプ、リュージュ)の選手の姿が描かれている。スピードスケート選手の姿が重点とみられる。裏面にはトラと松の姿が確認できる。

銀行側は「韓国銀行券の品質とデザイン水準を対外的にアピールできる機会になるものと期待している」と明らかにした。

だがネットユーザーの反応は冷たい。公開されたデザインを見たネットユーザーは「だれをののしるべきなのか」「国際的な恥さらしをするつもりなのか」など冷笑的な視線を送っている。
(引用ここまで)

 まず、こちらが表で。

2000won

 こちらが裏側。

2000wonb

 うーん、微妙。
 競技自体はピクトグラムのほうがデザインしやすいのだろうけど、お札はどうしても偽造対策で精微な図柄にしないといけないのです。
 それにしても……もうちょっとなんとかできたような気がしますけどね。
 右上の赤青黄色の物体はなんなんだろう。
 裏側は掛け軸風にしていて、デザイン自体はそれほど悪くはないと思うのですが。

 ネチズンからは「これこそチェ・スンシルがデザインしたものだろ」みたいな話が出ています。
 パク・クネの記念切手の件もありましたし。
 素人がデザインしたと思われるくらいにひどい、ということでもあるのでしょうが。


ノンデザイナーズ・デザインブック [第4版]
Robin Williams
マイナビ出版
2016/9/20