【寄稿】韓国国民は抗議行動をやり過ぎか(WSJ.com)
 韓国で行われた朴槿恵大統領の退陣を求める集会には200万人が参加した。今や朴氏は弾劾裁判に掛けられることになり、それを民主主義の勝利だと唱える向きもある。だが、帝政ローマのギリシャ人哲学者プルタルコスの言葉を借りるならば、韓国はこうした勝利を次は迎えられないかもしれない。

 韓国では過去数十年間、何万もの集会や行進、座り込み、ストが行われてきた。平均すれば1日当たり1件以上になる。こうした抗議行動は、生活の質や統治が改善しているのにもかかわらず増加している。そして、抗議行動を通じた体制の変革はほとんど実現できていない。 (中略)

 韓国ではなぜこれほど頻繁に抗議行動が起きるのか。時に「デモ共和国」と称される韓国で、なぜ抗議行動は永続的な変革をもたらさないのか。

 よく言われるのは、韓国国民は短気だという説明だ。2002年に少女2人が米軍車両にひかれて死亡した事件では、米兵2人が無罪判決を受けると、反米抗議行動が韓国全土を席巻した。レストランには「米国人お断り」の看板が掲げられ、人気歌手PSYは反米ソングを歌った。ある米当局者はロサンゼルス・タイムズ紙に対し、「私が話をする韓国人のほとんどが、判決には国民感情を反映させなければならないと主張する。これに対し我々は、苦労して法律から感情を切り離そうとしている。考え方がまったく違うのだ」と語った。

 韓国国民は、激しやすい自分たちの性向を「フライパン文化」と評する。例えば、2005年には日本の歴史教科書の記述をめぐり抗議行動が発生した。この教科書は、日本の中学校のわずか0.04%で採用されていただけだったにもかかわらずだ。2008年には米国産牛肉の再開をめぐり、安全性に問題がある証拠はなかったにもかかわらず、数十万人が抗議デモを繰り広げた。駐韓米商工会議所の会頭を務め、韓国に帰化したジェフリー・ジョーンズ氏は、こうしたことは韓国では感情が法律を優先してしまうことを示していると話す。

 しかし、もっと説得力のある説明は、韓国では権力は政治的見解が同じ人たちに訴えることによってではなく、個人的なつながりを動員することによって生まれるというものだ。盧泰愚氏は全斗煥氏の友人だったし、朴槿恵氏は朴正煕氏の娘である。

 個人的つながりを基にしたグループの存在が、政治的な発展を妨げている。他の国々では、社会運動は政党の政策に取り込まれる。しかし韓国では、個人的なつながりが強いため、権力は政策に賛同して結集することでは生まれない。その結果、不満を抱く人たちは街頭に出て抗議する以外に、政治参加する道がほとんどなくなる。 (中略)

 要するに、問題は1人の腐敗した指導者ではなく、そうした指導者を支える個人的なつながりと経済状況にある。韓国国民は、不屈の精神を持ち、今の状況より困難な障害を乗り越えてきた。だが後退を避けるためには、朴氏の退陣後のことを考える必要がある。腐敗は根が深く、その資金は潤沢にある。
(引用ここまで)

 この記事を書いたデビッド・ボロズコ氏は韓国在住のライターだそうです。国籍は分かりませんでしたが外国人であることは間違いなさそう。日経アジアンレビューにも寄稿していました。
 韓国の特色である「国民情緒法」と「ウリとナム」がウォールストリートジャーナルにおいても書かれていますね。
 さすがにそのものの名称を書いてはいませんが、中味はまさしくそれ。
 日本からだけではなく、その他の外国人からも疎まれている。
 韓国は法治国家ではないということが、韓国にいる外国人にはよく理解できるということなのでしょう。

 すでにニューズウィークの記事でも「デモはしていてもパク・クネ後がどうなるかまったく考えていない」「大統領候補たちもその鳥瞰図を提示できてない」という記事がありましたが、これが第三者からの冷徹な視線ですわ。
 韓国人自身は「世界4大革命を成し遂げた!」とか鼻高々なのですけどね。
 デモをして社会がどうなるかというようなデザインはゼロ。感情で突っ走った今回のデモが韓国になにをもたらすのか、ということを見据えることができていない。
 おそらく半年後くらいから抹殺がはじまるであろう保守派マスコミからはじわじわと「韓国という国そのものの危機」が唱えられていますが、それは自分たちが高く吊されるであろうからであって本当に国というものの行く末を心配しているわけではないというのがまた滑稽。

 韓国人はよく「判決に国民感情が反映されるのは当然のこと」なんてことをいうのですが、それこそが近代国家が切り離そうと必死に努力してきたものなのですけどね。
 さすがに法律を超える量刑が科されたりといったことはないにしても、科される罪状がおかしいなんてことはいくらでもある。
 セウォル号沈没事故の際に乗船していた臨時船長に殺人罪が適用されたこともそうですし、さらには乗船していなかった本来の船長にまで業務上過失致死罪が適用されたりもする。
 それに対して「セウォル号事故は特別だから」なんて言い訳をしてしまう。

 その特別扱いの連鎖は続いてしまうのですよ。
 きっと、今回のチェ・スンシル関連でも同じように「国民感情に配慮した」様々な判決が出るのでしょうね。なぜならチェ・スンシルゲートは特別だから。
 すでにチェ・スンシルの娘であるチョン・ユラに対して「業務妨害」で逮捕状請求に加えてパスポート失効の強制手段に出ています
 さらにはインターポールに対して「赤手配書」なる最高段階の手配書を要請したとのこと。
 今回のろうそくデモにおいて主役となっている若年層からもっとも憎まれているのがこのチョン・ユラであるという話は何度かしていますが、いくらなんでもやりすぎじゃないでしょうかね。
 ま、「今回の事件は特別だから」で済ませるんでしょうけども。

「反日韓国」の苦悩 老いも若きも未来に希望がない
呉善花
PHP研究所
2016/2/17