次期大統領選挙有力候補9人「慰安婦合意、再交渉または廃棄」(ハンギョレ)
日本との慰安婦合意「政権交代後、無効にする」=韓国最大野党(聯合ニュース)
 12・28合意1周年を機に、ハンギョレが23~27日、野党や与党陣営の主な大統領選挙候補9人に12・28合意に対する見解を調査したところ、12・28合意を「引き続き履行」する必要があるという回答者は一人もいなかった。

 文在寅(ムン・ジェイン)元共に民主党代表とアン・ヒジョン忠清南道知事、ユ・スンミン改革保守新党(仮称)議員、ナム・ギョンピル京畿道知事、オ・セフン元ソウル市長は、再交渉しなければならないと答えた。安哲秀(アン・チョルス)前国民の党代表、イ・ジェミョン城南市長、パク・ウォンスン・ソウル市長、キム・ブギョム共に民主党議員は廃棄(無効化)すべきだと答えた。再交渉と無効化は12・28合意の代替を目指すという点で、根本的には互いに連動せざるを得ない。

 大統領候補に対する各種世論調査で1~2位を争う潘基文(パン・ギムン)国連事務総長は、事実上、大統領選への出馬意思を明らかにしたが、現職(31日、任期終了)という理由で、まだ国内の懸案に具体的な意見を明らかにしておらず、調査対象から除外した。
(引用ここまで)
旧日本軍の慰安婦問題をめぐる韓国と日本との合意から1年となる28日、韓国最大野党「共に民主党」の禹相虎(ウ・サンホ)院内代表は党の幹部会議で「屈辱的な慰安婦合意が行われてから1年になる」として、「政権交代後、必ず合意を無効化するよう努力する」と述べた。 (中略)

 また、「朴政権は国民の審判と歴史の断罪を受けた」として、「屈辱的な慰安婦合意も断罪の内容に含まれている」と強調した。
(引用ここまで)
 来ましたね。
 ハンギョレの記事中で有力候補はムン・ジェイン、イ・ジェミョン、パク・ウォンスンの3人。だいぶ落ちてアン・チョルスといったところでしょうか。
 イ・ジェミョン、パク・ウォンスン、アン・チョルスらの主張は一方的な破棄。
 ムン・ジェインは再交渉を主張。
 そして「共に民主党」からは党として「合意を無効化」すると宣言。
 どちらにせよ破棄の方向であるのは間違いないでしょう。

 もはやこれは想定内。
 パク・クネの弾劾が成立した……というよりも、今回のチェ・スンシル事件が起きた以上、こうなることは目に見えていました。
 韓国の政権交代は21世紀の今に至っても易姓革命であり、パク・クネが絶対悪とされた現在の状況ではその功績はすべて否定されざるをえないのです。

 といっても、それは韓国の事情であって、日本にとっては知ったこっちゃない。
 もはや日本にとっては「最終的かつ不可逆的に解決」した事項ですからね。こうなるのは早いか遅いかの違いでしかないというのも実際。
 左派政権が長くなると予想しているので、当分は日韓関係は最悪の時期を迎えるでしょうね。
 それは日本にとっては悪い話ではないのですけども。

 それにしても慰安婦合意だけではなくGSOMIA、そしてTHAADミサイルの配備の3点セットについて聞いてほしかったところです。
 ま、どこから出てくる意見も破棄、見直しであることに違いはないでしょうけど。

30日まで大幅セール中〜
Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック
Amazon