2016年“新語”1位は日本生まれの“あの言葉”だった!! 韓国のややこしすぎる日本語事情(S-KOREA)
韓国で最も利用者の多いポータルサイト「NAVER」が12月27日、今年最も検索された“新語”を発表した。

見てみると、韓国で『逃げ恥』級の大ヒットを記録したドラマ『応答せよ1988』の影響から生まれた「オナムリュ」、ネットに写真や動画を上げて関心を集めようとする行為を揶揄する「オグロ」など、当然日本には馴染みのない言葉が並ぶなかで、意外にも1位は日本生まれの言葉だった。

2016年、NAVER国語辞典で最も検索された新語は「ツンデレ」だ。

その説明を見ると、「多くの人の前では冷たい態度をとるが(ツンツン)、好きな人の前だけでは態度が180度変わり、好意的な態度をとる(デレデレ)こと」となっている。まさに日本で使われているツンデレという単語が、そのまま韓国に“輸入”されたかたちだ。

そもそも韓国でも通じる日本語は、少なくない。

世界中で通用する「さけ」や「すし」などの単語だけでなく、韓国では「お元気ですか?」という挨拶言葉も理解する人が多い。

「お元気ですか?」が特殊な例だとしても、「刺身」「わさび」「マグロ」「イカ」「アナゴ」「アジ」など、特に水産物は日本語がそのまま通じるケースが多いのが実状だ。(中略)

ちなみに、韓国サラリーマンが選んだ今年の新語・流行語のなかにも、日本生まれの言葉があった。ずばり「社畜」だ。

『聨合ニュース』は「“会社が飼育する家畜”という意味で、日本から来た言葉」と解説。韓国サラリーマンの現実を悲しくも見事に表現している新語・流行語のなかでも、特に共感を得た言葉だそうだ。

いずれにせよ、日本で生まれた新語や造語までもが、そのまま使われている韓国。最近は両国の異質性が強調されがちだが、改めて同質性があると感じざるを得ない。
(引用ここまで)

 「ツンデレ」「社畜」が韓国の流行語になった。
 これら日本産の流行語が韓国でも流行語になったことから「日韓に同質性がある」と感じざるを得ない、という話ですが。
 ちょっと考えるだけでそんな構造はないということが分かるのですよ。
 というのは、「日本の流行語が韓国でも流行る」ということはあっても、「韓国の流行語が日本で流行る」ということがまったくない。

 つまり、韓国は日本と下位互換性があるけども、韓国の持つ構造を日本は持っていないということなのです。
 この記事を書いた人物のような韓国側の人間にとっては受け入れにくい話なのでしょうけども、厳然たる事実ですわな。
 相互で流行語が交換されたりするような構造であれば「同質性を持つ」ということになるのでしょうが、一方通行であれば「享受している」というだけです。

暮らしの年表 流行語 100年
講談社
講談社
2011/5/19