韓国7人組iKONが最優秀新人賞 レコード大賞(日刊スポーツ)
 第58回日本レコード大賞が30日、東京・新国立劇場で発表され、最優秀新人賞に、今年1月に日本デビューをした韓国出身の男性7人組グループiKON(アイコン)が選ばれた。

 この日歌唱した「DUMB&DUMBER」はユーチューブで1500万回再生する人気だった。

 今年2月には海外アーティスト史上最速となる、日本デビュー1カ月での日本武道館ライブを実施。同じ所属事務所の先輩で、毎年ドームコンサートを10回以上も行う超人気グループBIGBANGですら4カ月かかった“日本の音楽の聖地”へ、一瞬でたどり着いた。

 ジナン(22)は「幸せです。夢みたいです」と受賞の喜びを語った。
(引用ここまで)

 韓国のK-POPグループでiKONとかいう人たちがレコード大賞新人賞を受賞されたそうですよ。
 おめでとうございます。

三代目JSB「レコ大」買収疑惑から1カ月半……エイベックスがK-POPアイドルを最優秀新人賞へ!?(サイゾーウーマン)
 現在、エイベックスは、AAAの大賞受賞を諦めつつあるというが、最優秀新人賞に関しては、ほぼ確実に手中に収めたようだ。

「今年の新人賞受賞は、林部智史、羽山みずき、BOYS AND MEN、そしてエイベックスのK‐POPユニット・iKONの4組です。アーティスト自体の勢いでいえば、最優秀新人賞はボイメンが妥当ですが、所属であるユニバーサルの営業努力は、残念ながらエイベックスの勢いにはかなわない。大賞は諦めても、最優秀新人賞だけは勝ち取る……それがエイベックスの作戦のようです」(レコード大賞運営スタッフ)
(引用ここまで)

 重ね重ね、おめでてーな。

そういえばK-POPについても暴露してたなぁ……。
トランプ後の世界 木村太郎が予言する5つの未来
木村太郎
ゴマブックス株式会社
2016/12/8