「日本は敵対国」 李在明市長が日本人記者と舌戦(朝鮮日報)
 韓国次期大統領選の有力候補の1人とされる京畿道城南市の李在明(イ・ジェミョン)市長が日本政府について「日本は大韓民国を武力侵攻・占拠した侵略国家」と語り、強く批判した。

 これは、李在明市長が27日、ソウル市内の韓国プレスセンターで行われた外信記者クラブ懇談会で述べたものだ。

 李在明市長は「はっきり言っておくが、日本は(1950年に)北朝鮮が韓国を侵攻する5年前まで大韓民国を武力侵攻・占拠していた侵略国家だ。侵略の事実をきちんと認め、反省していないだけでなく、独島(日本名:竹島)挑発を通じて侵略の意思を一部あらわにしていると思う」と言った。

 そして、「(慰安婦)被害者の意思に反する合意は全面的に見直さなければならない」と、韓日慰安婦合意と軍事情報包括保護協定(GSOMIA)にも強硬な見解を示した。

 その上で、「日本は外交・経済・文化のあらゆる面では友好国だが、歴史的事実や現在のさまざまな態度を見れば軍事的側面での敵対性が完全に解消されたとは言いがたい」とした。

 東京新聞の記者が「非常に残念だ。日本の首相は金大中(キム・デジュン)大統領(当時)に会った時、植民体制を認めて反省した。その後の小泉首相も村山首相も反省して丁重に謝罪したが、なぜそう考えるのか」と質問した。

 すると、李在明市長は「政権が変わるたびに言葉が変わったり、ある時は否定したりしており、閣僚の発言を見ると『必要だから反省すると言ってやるよ』という感じだ。本気で申し訳なく思っているかどうか疑念を抱かざるを得ない」と答えた。
(引用ここまで・太字引用者)

 そもそも易姓革命としての側面を大きく持つ韓国の大統領選挙で慰安婦合意やGSOMIAの継承なんてことができるわけない。
 特に現状のパク・クネ政権は否定されるべき存在なのでなおのこと。
 そのふたつに関しては韓国の大統領候補としてはまともなこと……というか、それ以外に選択肢はないのですよね。

 でも、イ・ジェミョンがこれまでの大統領候補とはちょっと違うのは「対日本の外交政策の基本方針として、『敵対国家である』という認定をしている」というところ。
 そして、それが韓国の有権者に大いに受けて、いまや2番手を伺おうかという支持率を得ている。
 そのおかげというべきか、現状で支持率1位のムン・ジェインの言説もイ・ジェミョンのそれに吊られるようにして過激化の一途を辿っている。

 次政権における日韓関係は悪化しかありえないのです。
 釜山の慰安婦像設置はその端緒にしか過ぎない。
 「慰安婦合意」の破棄は日韓関係の破綻を意味しているのですが、それを理解しているかなぁ……。無理だろうなぁ。
 こういった部分では争いながら、経済・文化では友好国になろうなんてそんな虫のいい話は通用しない。

 かつては通用したかもしれませんが、もはや無理。日本国民が許さないところまできてしまっていることに就任後、気がつくことになるでしょうね。
 パク・クネがいやいやながらも慰安婦合意を行い、THAAD配備を決定し、GSOMIAを締結した意味というものを知ることになるでしょう。
 ただ、知ったとしてもそれを覆すことは次期政権にはできません。
 対立構造の解消は韓国国民が許さないからです。ヘタをすればまたろうそくデモで「民主的に追放」されるわけですし。

 しかし、なにがおめでたいって太字部分の東京新聞の記者ほどおめでたい存在はいないわ。
 まあ、でもこの質問自体はGJだな。無知が為せる業とはいえども。
 謝罪しようと許さないということを言明したわけですから。何度謝罪しようと無駄ということを分かりやすく言ってくれているのですよ。
 村上春樹みたいな人間は相手の気が済むまで謝罪しろっていうのでしょうが、そんなことは自分が率先してやれやって話ですわ。そういう意味では鳩山由紀夫は一切ぶれないところだけはすごいなとも感じます。

 しかし、「政権が変わる度に言葉が変わったりするから、日本の謝罪は無効」って言っている口で、「政権を獲ったら慰安婦合意を破棄する」って言っているんですから整合性ってなんなんでしょうね(笑)。

今日発売の増刊です。
SAPIO 増刊 (サピオゾウカン) 韓国「破裂」 [雑誌]
SAPIO編集部
小学館
2016/12/31