不況で忘年会急減、韓国外食業界に「年末特需」なし(朝鮮日報)
 韓国外食産業研究院は28日、国内の外食企業709社を対象に年末に当たる12月20日から26日までの売上高を調査したところ、596社(84%)が前年同期に比べ減少したことが分かったと伝えた。中でも、飲食代が相対的に高い和食の店は同期間の売上高が前年比40%以上、中華料理の店も33%、それぞれ急減した。

 飲食店の規模別では、従事者が10人を超える店は売上高が前年同期比3%増えたのに対し、従事者が1人の小さな店は同22%減少した。また、経営環境の悪化を受けて従業員を減らした、または減らすことを検討したとの回答は全体の39%に達した。韓国外食産業研究院のチャン・スチョン院長は「来年には主に外食産業で大量の解雇や休業・廃業が起こる可能性がある」と話している。
(引用ここまで)

 不況ということもあるでしょうが、それ以上にキム・ヨンラン法が効いているのでしょうね。
 韓国では和食レストランは客単価の高い飲食店として知られているのですが、多くは接待目的で使用されています。
 チェ・スンシルの元夫であるチョン・ユンフェも元々は和食レストランの経営者で、高級住宅地である江南で大成功を収めた人物でもあります。

 その接待目的を封じたのが賄賂防止法であるキム・ヨンラン法。接待で使える値段は3万ウォンまでになってしまったのです。この10月から施行されました。
 当初から「内需がしおれてしまうぞ!」という叫び声は挙がっていたのですが、国会議員も体面上はこの法律に反対しにくいですわな。
 で、当初からの想定通りにすっかりと効いてしまっていると。

 それに加えて不況で高いところに向かわなくなったという傾向もあるでしょうけども。
 売上高が前年比で和食は40%以上、中華で33%減少しているって……。

 キム・ヨンラン法と不動産バブルの終焉で韓国の内需はもはや頼れるものはなにもなくなってしまった、ということですね。
 ますます、第4四半期の経済成長率がどうなるか、興味深くなってきましたよ。

リピート率90%超! 小さなお店ひとり勝ちの秘密
中谷嘉孝
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
2014/9/21