日本メディア「釜山日本領事館前の少女像のため日韓通貨スワップ停滞も」(中央日報)
安倍首相の側近「(韓国が)詐欺を働いた」(ハンギョレ)
朝日新聞は1日、ソウルの少女像移転が進展しない中、日韓合意に基づき10億円を支払ったが、釜山領事館の前に少女像が追加で設置されたことで日本側の不満が強まっている、と伝えた。安倍首相の側近は「まるで『振り込め詐欺』だ」という表現を使ったという。同紙はこうした批判のため韓国側の要求で合意した「通貨スワップ協定」再締結協議が停滞する可能性があるという見方を示した。
(引用ここまで)
 「日本経済新聞」も「(まだ)ソウルの少女像の撤去も実現しておらず、両国関係に新たな火種が加わった」と評価し、「読売新聞」は、今回の事態について「昨年末の日韓合意への理解が韓国内で全く広がっていないことを改めて示すものだ」と指摘した。12・28合意は韓国政府が少女像撤去のために努力することを盛り込んでいるが、撤去そのものを約束しているわけではない。

 日本のメディアの懸念は韓国の次期大統領選挙にまで及んでいる。「産経新聞」は、朴槿恵(パク・クネ)大統領が慰安婦問題に対する「不可逆的合意をしたが、大統領選挙の結果によっては韓国が(合意を破棄して)再交渉を要求する可能性もある」と指摘し、「朝日新聞」はこのような状況で日本が取り得る対応として、「韓国が求めて合意した『通貨スワップ協定』の復活が停滞する可能性もある」と具体的な報復処置にまで言及した。
(引用ここまで)

 ま、そりゃそうで。
 慰安婦合意を覆そうとしているどころか、明白な同意違反をしている相手にまともな交渉なんてするわけがない。
 慰安婦合意は当初から覆されることが間違いない存在でした。早いか遅いかだけの違いで。
 そして覆してくるのであれば、こちらも同様のことができるわけですよ。

 それを日本国民に広く知らしめるために慰安婦合意は必要だったのです。
 韓国側から覆してくるのであれば、慰安婦合意を合作した(強要した?)アメリカに対してもエクスキューズが効く。
 正直、それがこんなに早く来るとは思っていませんでしたが。パク・クネ政権下では持つと思っていたんだけどなぁ。

 当然、日韓通貨スワップ協定もカードとして使われるわけですね。
 イ・ミョンバクの竹島上陸、天皇謝罪要求に対して通貨スワップ協定をカードとして使ったように、「交渉再開の停止」も同様にカードとして使うことでしょう。
 10億円で韓国の裏切りを買うことができた、ということなのですよ。
 日韓関係はパク・クネ政権初期と同レベルに悪くなるでしょうね。ナチュラルに離反できる準備が整ったといったところでしょうか。