鳥インフルの殺処分3千万羽超に 感染拡大は沈静化へ=韓国(聯合ニュース)
高病原性鳥インフルエンザがほぼ全国的に猛威を振るい、史上最悪の被害が出ている韓国で、感染が確認されてからの48日間に殺処分された家禽(かきん)類が3000万羽を超えた。韓国の農林畜産食品部は3日午前0時までに、鶏2582万羽やアヒル233万羽、ウズラなど218万羽の計3033万羽が処分されたと発表した。

 このうち鶏の被害は最も深刻で、飼育されている採卵鶏全体の32.1%が殺処分になった。

 ただ、この1週間、感染疑いの通報件数が1日2件を超えず、感染拡大は沈静化しつつあるとみられる。
(引用ここまで)

 1日に1件は感染疑いの通報があって、「感染拡大は沈静化しつつある」ですって。
 採卵鶏の約1/3が殺処分になって、もう家禽の感染対象が少なくなったというほうが自然に見えますけどね。
 もはや問題は中国と同様に「鳥インフルエンザが土着するかどうか」ということに移っているのではないでしょうかね。

 中国ではもはや撲滅は不可能と判断して、積極的にワクチン接種を行ってコントロールへ重きを置いている状況。
 きっちりコントロールされているという状況であれば、まあそれほどの問題はないのですが。

 問題は韓国はその選択肢を選ばない可能性が高いということ。
 鶏肉でも輸出を目論んでおり、特に中国向けで参鶏湯のパックに期待をかけているのです。
 そして、輸出は清浄国認定を受けていないとできない。
 ワクチン接種をしてしまうと清浄国認定は受けられない。ワクチンは弱毒化したウイルスですからね。
 というわけで、ワクチン接種を選択しない可能性が高いのです。
 ヘタするとそのワクチンすらまともなものでなかったりするのですが。

 口蹄疫にしても、もうちょっとまともな防疫体制をとってくれんものかと思うのですが……。

Newton ウイルスと感染症 感染と免疫の戦い
科学雑誌Newton
株式会社ニュートンプレス
2016/11/21