韓国軍のベトナム虐殺を扱った『最後の子守歌』、ベトナム国営VTVドキュメンタリー賞(ハンギョレ)
 昨年12月24日に開かれたベトナム国営放送「VTV」放送大賞でベトナム戦争当時の韓国軍による民間人虐殺問題を扱ったドキュメンタリー『最後の子守歌』がドキュメンタリー部門奨励賞を受賞したと2日伝えられた。ベトナム現地で韓国軍による民間人虐殺を扱ったドキュメンタリーが製作され、国営放送会社の放送大賞を受賞したのは異例のことだ。ベトナム政府はベトナム戦終戦以後、民族統合と和合を最優先課題とし、この過程でかつての韓国軍による虐殺問題は公論化しない基調を維持してきた。  『最後の子守歌』の背景は、1966年に韓国軍の青龍部隊が南ベトナムのクアンガイ省ビンホア村で行った虐殺で、この虐殺で民間人430人が亡くなった。虐殺当時生後6カ月だったトアヌンイア氏(50)は銃弾に倒れた母親の腹の下にいてかろうじて生き残ったが、雨水と共に流れ込んだ弾薬のために失明した。この話は子供をしっかり抱きしめた母親を彫刻した「ベトナムピエタ」像のモチーフになった。

 ドキュメンタリーは昨年11月30日から5泊6日の日程でベトナム平和紀行に参加した韓国人参拝団30人あまりの姿も含まれた。ビンホア虐殺50周年の慰霊祭が開かれた12月2日、トアヌンイア氏を訪ねた韓国人参拝団が「犠牲者の墓の前で心が痛んだ」として涙を流し、トアヌンイア氏が参加者の手を握る姿は“和解”と“慰労”というドキュメンタリーの核心メッセージを伝える。

 ドキュメンタリーは過去16年間にわたり「ごめんなさい、ベトナム」運動をリードしてきた韓国ベトナム平和財団のク・スジョン理事、2015年ベトナム民間人虐殺被害者として初めて韓国を訪問した生存者ウンウイェントロン氏、「ベトナムピエタ」彫刻像を製作したキム・ソギョン、キム・ウンソン夫妻の姿を照らした。

 ベトナム戦当時、韓国軍による民間人虐殺は80件あまり、犠牲者は9000人に達する。韓国政府は未だ韓国軍によるベトナム民間人虐殺を認めていない。
(引用ここまで)

 ベトナムで韓国軍による虐殺の事実を知らせる運動、というようなものがあってもいいのかもしれませんね。
 「日本人運動家」がやり続けてきたような運動で盛り上げることができれば、よりよいのではないでしょうか。
 パク・クネが一昨年10月に訪米した際に、あわせるようにしてベトナム人女性がワシントンで記者会見をしていました

 記者会見の内容は「我々が被害者であることを認めてくれ」という主旨のものでした。
 なぜかこれが「日本政府の差し金だ」って騒いでいる輩がTwitterにいて苦笑していたのですが。
 まあ、実際にそれが日本政府の差し金だとして。
 それになんの問題があるんでしょうね?

 虐殺された村の被害者は、ベトナム戦争参戦者の圧力があって訪韓することすらできない。であれば、その国家元首が他の国に行った際に記者会見する。なんの問題もないことだと思うのですが。
 この件を「日本政府の差し金だ!」と騒いでいる連中にとっては、日本が唯一最大の加害国でなければならないなんらかの理由があるのでしょう。

 つまり、実際の被害者を救済するよりも大事ななにかがあるのですよ。
 韓国人が「実際の被害者」へ寄付するよりも、なぜか銅像を建てることを優先するのと同じ構造が見えますよね。
 元TBSの山口氏が取材したものを放映できなかった理由に近いものを感じます。

ベトナムにある韓国軍虐殺の壁画等の詳細が掲載されています。
SAPIO 増刊 (サピオゾウカン) 韓国「破裂」 [雑誌]
SAPIO編集部
小学館
2016/12/31