日韓通貨スワップ協議中断、麻生財務相「信頼ないと安定しない」(ロイター)
日本との通貨スワップ協議中断は遺憾=韓国企画財政省(ロイター)
麻生太郎財務相は6日の閣議後会見で、日本政府が協議の中断を表明した日韓通貨スワップに関し、「信頼関係を作った上でやらないとなかなか安定しない」との見方を示した。

これに先立って記者会見した菅義偉官房長官は、韓国の市民団体が釜山市にある日本の総領事館に面した歩道に従軍慰安婦を象徴する少女像を設置したことを受け、日韓通貨スワップ協議の中断などを韓国側に伝えたと明らかにした。

麻生財務相はこれまでの協議の経緯を踏まえ、まずは両国の信頼関係構築が必要と強調。「当面の措置として官房長官からの談話の発表があった。中断することにしたというのは間違いない」と語った。
(引用ここまで)
韓国の企画財政省は6日、日本が政治的な理由で日韓通貨スワップ協定の協議中断を表明したことを受け、遺憾の意を表明した。

同省は声明で、経済と財政における両国の協力は政治的、外交的関係にかかわらず継続すべきだと主張した。
(引用ここまで)

 逆説的にですが、慰安婦合意と通貨スワップ協定の再交渉がセットであったということが理解できますね。
 そして慰安婦合意について直後にアメリカから賛同があったことから、通貨スワップ協定も同様に依頼があったと見るのが自然でしょう。「ブルーチームに戻ってTHAADミサイル配備をしGSOMIAも締結するから、慰安婦問題をこれで終わらせて、通貨スワップ協定も考えてくれ」と。

 まあ、日本としてはアメリカからの依頼を袖にすることはできない。
 というわけで渋々ながらも「最終的かつ不可逆的に」という文言を入れることで合意を結んだと。

 この時点で「通貨スワップ協定の再交渉」というカードを手にしたわけですよ。
 もし、慰安婦合意に反する話があれば、「ほらな」とばかりにそのカードを切ることができた。
 離反していくにしても手順というものが大事なのですよ。
 子供みたいに「断交! 断交!」って騒いでりゃ断交できるってわけでもないし、日本列島が太平洋に泳ぎ出すことができるわけでもない。
 遺憾ながら隣国であるわけですし。

 これまで旧宗主国として面倒を見たり、無理難題を押しつけられたりしてきましたが。もはや韓国を相手にせずに静かに離れるということができるのであればそのようにする。
 その手順を踏んでいる、というように見えますね。
 ここ数年の安倍政権の外交方針を見るに「韓国の投げかけてくる面倒事は避ける」という基本方針があったと思います。

 今回も「再交渉はする」としましたが、信義に反したので反古にした。
 よい手順ではないかと思いますよ。
 先日、朝日新聞にリークがあった時点で基本方針は定まっていたのでしょうね。

交渉の達人 ──ハーバード流を学ぶ
ディーパック・マルホトラ
パンローリング株式会社
2016/10/15