日本が反発しても少女像設置は続く 強引な合意の産物=韓国(聯合ニュース)
 韓国の市民団体が釜山の日本総領事館前に旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像を設置したことをめぐって韓日関係がぎくしゃくする中、韓国では全国的に少女像を建てる動きが続いている。

 少女像の設置は、2015年12月28日の慰安婦問題をめぐる両国の合意に基づき、10億円を拠出する代わりにソウルの日本大使館前の少女像を撤去しようとする日本政府への反発の側面が大きいとみられる。

 ソウル郊外の京畿道の議会は募金運動を行い、独島と道議会への「平和の少女像」設置を推進する方針だ。道議会議員30人からなる団体が中心となり、今月5日に建立計画を発表。16日から募金活動を行う計画だ。団体側は「少女像1体の建立に3500万ウォン(約340万円)程度かかる。上半期中に道議会に少女像を設置した後、独島にも建てる計画」と説明した。 (中略)

 慰安婦被害者が共同生活を送る「ナヌムの家」の関係者は「釜山総領事館前に少女像が設置されてから外交対立が起きたが、もっと大きな問題は慰安婦合意に際し十分な意見聴取がなかったため、国民感情とかけ離れた内容で(合意が)決まったこと」として、「日本政府が真の謝罪や賠償のない慰安婦合意に固執する場合、少女像はさらに多く設置されるしかない」と述べた。
(引用ここまで)

 別に好き勝手に設置すればいいのですよ。
 慰安婦合意ではソウルの日本大使館前のものはウィーン条約違反なので撤去すべきって話をしているだけなので。
 追加でプサンのものもですけどね。
 そもそも、プサンの慰安婦像宇設置理由が「日本人がいやがっているから設置してやる」っていうものであったし、挺対協が新しい金づるにしようとしている「正義と記憶財団」の財団設立主旨書にも「慰安婦像を設置していく」っていう文言がありました。
 日本への嫌がらせだけでやっているのですよ。

 記事にあるように1体の設置に350万円ほどかかる。
 それが40体。計画も含めれば60体。60体なら2億円以上が設置に費やされている。
 銅像制作者は笑いが止まりませんね。

 慰安婦合意で元慰安婦に対して支払われたのが10億円。
 嫌がらせ以外の意味を持たない銅像に2億円以上。これからも増え続ける。
 下手をしたら数年で慰安婦合意による支払金額を超えるかもしれません。バカなお金の使いかたですわ。
 慰安婦合意でちょっと煽られたらバカみたいに設置しはじめて、挙げ句の果てに領事館前に設置。
 それを理由に日韓通貨スワップ協定の再開協議もハイレベル経済協議も中止されている。
 彼らはナチュラルに日韓の離間に協力しているのですよ。韓国政府としても頭を抱えていることでしょう。

 慰安婦合意に慰安婦像についての項目を追加させた担当者がここまでの効果があるって考えていたら神がかっていますけどね。
 実際には「合意するのであればウィーン条約違反の像を看過できない」というていどの考えだったのでしょうけども。
 結果としてGJでしたわ。

「独り相撲」で転げ落ちた韓国 早読み 深読み 朝鮮半島
鈴置 高史
日経BP社
2015/8/10