信頼関係ないと再開困難=日韓通貨協定交渉−麻生財務相(時事通信)
 麻生太郎財務相は10日の閣議後記者会見で、韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦を象徴する少女像が設置されたことへの対抗措置として中断している日韓通貨スワップ(交換)協定交渉について、「金だけの話じゃなく、信頼関係で成り立っている。信頼関係がなくなり、難しくなってきている」と述べ、早期の交渉再開に否定的な見解を示した。
 麻生氏は「(日韓合意という)約束が守られないのなら、貸した金も返ってこない、スワップなんか守られないかもしれないという話になる」とも指摘した。
(引用ここまで)

 煽りタイトルかと思ったらマジだった。
 つまり、そういうことなのです。
 慰安婦合意を破棄するのであれば、すべてに渡って信頼を裏切るのと同じことだという話なのですよ。
 これについて是々非々なんてない。100かゼロか、という選択を韓国に突き立てているのです。

 日本政府としてはこうなることを前提として慰安婦合意を結んだのでしょうね。
 合意直後に安倍総理の言葉として「約束を破ったら国際社会の一員として韓国は終わりだ」と言ったという話が伝えられていました。
 慰安婦合意を堅持するのであれば日韓関係は進めてもよい。
 破棄するのであれば「終わり」なのだと。

 麻生財相の言葉の強さからも、その意図するところが伝わってきます。
 これまで数多くの裏切りがあったからこそ、裏切りがあるという前提の上で戦略を組み立てた。
 どっちを選んでも韓国にとっては針のむしろ。

 その意志の強さが韓国に直接伝わっているからこそ、韓国政府からはいまだに「日韓による慰安婦合意の精神は堅持する」というコメントがファン・ギョアン大統領代行やユン・ビョンセ外相からも出てきているのでしょう。
 現在の野党である共に民主党からは「慰安婦同意は絶対に破棄だ」みたいに力強い話が何度も出てきていますが。

 実際に政権担当したらどうなることやら。
 弱腰になったらなったで、今度は韓国国民から突き上げられることは間違いない。
 もはや選択の余地はどこにもないように見えるのですけども。
 最終的にはデーイジー♪とお歌を歌い始めるかもしれませんね。

SAPIO 増刊 (サピオゾウカン) 韓国「破裂」 [雑誌]
SAPIO編集部
小学館
2016/12/31