大邱少女像、設置めぐり葛藤…自治体側「東城路に設置したら撤去する」(中央日報)
大邱平和の少女像建立汎市民推進委員(以下、推進委)は5日、大邱・東城路の大邱デパート前広場に平和の少女像を設置すると改めて発表した。

推進委は大邱中区庁が推薦した大邱国債補償運動公園や3・1万歳運動キル(道)はふさわしくないとの結論を出した。イ・ジョンチャン推進委執行委員長は「中区庁が許可しなくても、われわれは3月1日に東城路に少女像を設置する」と明らかにした。

また、イ委員長は「東城路は大邱市民が3・1運動を行った歴史的意味が深いところ」としながら「民間団体が造形物を東城路に設置することが違法なら、少女像を中区庁に寄付する考えもある」と主張した。

このため推進委は4日、平和の少女像の東城路設置要求に対する署名運動を行った。これに先立ち、1日には平和の少女像の製作者であるキム・ソギョン作家とともに大邱デパート前を訪れ、下見もした。この時、キム氏は大邱デパート前広場の舞台正面に少女像を設置することを希望する意志を示していたという。

大邱中区庁も立場を変えていない。中区庁都市観光局の尹衡九(ユン・ヒョング)局長は5日、記者の電話インタビューに対して「もし東城路に平和の少女像を設置すれば手続きを踏んで撤去する」と話した。東城路に造形物を設置するのは道路法違反だというのがその理由だ。両者は近く最終交渉を進める計画だ。

大邱平和の少女像は台座の部分を含めて縦1.6メートル×横2メートル×高さ1.23メートルだ。昨年11月から製作に入り、今月中に完成するという。設置費4000万ウォン(約396万円)は大邱市民2000人余りからの募金によって集められた。
(引用ここまで)

 大邱に3月1日に強行突破で慰安婦像を設置しようと画策している団体があるそうですよ。
 3月1日といえば韓国でもっとも反日機運が高まる日なので、そこに合わせてということなのでしょうね。
 ただ、この目論見がうまくいくかどうかは不明。

 釜山の場合は設置場所が日本総領事館のすぐ横であったからという大きな理由がありました。
 「日本に対して嫌がらせをしてやるぜ!」という韓国人の持っている気分と、ギョレハナによる強硬設置自治体による強制撤去という言ってみればプロレス的なアングル(ストーリー)があったからこそ盛り上がっていたのです。

 さらに当時はパク・クネの弾劾決定があってからまだ3週間ほどしか経過していなかった頃。
 韓国人が「我々の要望はなんであろうともかなうのだ」とばかりに「世界4大革命」の雰囲気に酔っていたあたりでした。
 まさか日本側があれほどの対抗措置に出てくるとは思っていなかった頃でしたからね。
 まだ設置予告時期まで3週間以上あるので事態展開がどうなるのかはなんとも言えない部分がありますが。

 3・1という記念日にどれだけの熱量があるのか、ということのバロメーターになるのかなと感じています。
 ま、個人的には韓国国内で増える分にはどうでもよいのですけどね。

韓国ネタを扱っていると新潮文庫の犯罪ルポシリーズに親近感を感じてしまう……。
モンスターマザー―長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い―
福田ますみ
新潮社
2016/2/18